Jissenjya Projectその1

Jissenjya Project(ジッセンジャー プロジェクト)
 
 
今回は、仏教の教えをベースとした戦隊もののヒーローショー、「ジッセンジャー」の活動を行っている武藤自然さん、黒瀬英世さんに取材させていただきました。ジッセンジャーのメンバーは現役学生僧侶を中心に構成されています。
学生僧侶が語る、ジッセンジャーに込められた想いや日常生活を生きる中でのヒントとなるような言葉を沢山聞かせていただきました。ジッセンジャーとは一体、どのような活動なのか数回に分けてご紹介させていただきます。
 
 
【第1回】
 
ジッセンジャーの伝えたい一つに、「安心」というテーマがあります。頼れるものが一つあるって、凄く素晴らしいことなんじゃないかなって感じています。
 
 
ジッセンジャーのキャラクター
ジッセンジャーのキャラクター、ビャクドー(右)とジャカツ(左)
 
 
−−−ジッセンジャーって、何をやっている人たちなんですか?
 
武藤(むとう):目的は、お坊さんとして浄土真宗の教えを伝えたい、という思いでやっています。しかし今の時代、宗教っていうだけで敬遠されたりするし、苦しみとか死とか暗いイメージをもたれがちだと思うんです。だから、まずは仏教に興味を持ってほしい、仏教入門の間口を広げたい、というところから始まっています。
 
−−−具体的には何をしているんですか?
 
武藤:一言で言うとヒーローショーを使った視聴覚の方法をとった伝道(教えを伝える)です。じゃあ、ジッセンジャーを見たら浄土真宗の教えが分かるのかというと、決してそうではありません。「仏教、浄土真宗って、であうと結構、親しみをもてますよ」や、「実は生活の近いところにありますよ」というメッセージを伝えたかったんです。
目の前で見てもらうっていうことを大切にしています。だから、依頼があったらその場所へ伺ってヒーローショーをやります!っていう形をとらせてもらっています。
 
−−−なぜ、ヒーローショーをやろうと思ったんですか?
 
武藤:好きが故です。小さい頃からヒーローものが大好きで、今まで見続けた結果です。仮面ライダーは全部見てました。1号2号の時代から、最新作ドライブまで。他はスーパー戦隊シリーズであったり、ウルトラマンシリーズ。今も毎週見てます。明日も楽しみです。
 

ジッセンジャーについて熱く語る、武藤さん
 
−−−ヒーローショーの何に魅了されたんですか?
 
武藤:もう本当に小さい頃から、好きで好きでしょうがなかったんです。素晴らしいというよりもとにかく好きだったから。
 
黒瀬:武藤さんに特撮もの語らせたら…多分4時間くらい帰れないですよ。(笑)
 
武藤:そういうのを見続けてきたからこそ、やっぱりこだわりたい部分があります。ジッセンジャーの伝えたいことの一つに、「安心」というテーマがあります。自分が本当に困っている時に必ず助けてくれる人がいるよって、ジッセンジャーとして、そういう安心できる存在がいるよってことは伝えていきたいことです。それは、自分の親かもしれないし家族の誰かかもしれないし、友達かもしれない。
 
例え、目に見えるものがなかったとしても、阿弥陀さまは絶対見てくれている。だから一人じゃないよ、絶対に。僕が小さい頃に見ていたヒーローっていうのも、絶対に自分には出来ないことをやり遂げてくれるし、助けてくれる存在でした。それは、空想の中だとしても、そういう存在があるのって重要なんじゃないかなって思っています。頼れるものが一つあるって、凄く素晴らしいことなんじゃないかなって感じています。
 
−−−それは、どういうことですか?
 
武藤:頼れるものって、人によって様々だと思います。人によっては夢だったりするだろうし、友達だったり、親だったり恋人だったり。それこそ、仏教だったり、社会だったり、色々と頼りにしているものがあると思うんですよね。その人が大切にしているものがそれぞれにあっていいと思うんですけど、僕の場合、それがヒーローだった。ヒーローがあったからこそ、自分が頼りとしているヒーローを通じて、生死を超えて本当の頼りとなる阿弥陀さまという仏さまを感じて、その存在をみんなに伝えていきたいと考えることができるようになったんです。
 
 
ジッセンジャーその3
 
−−−ヒーローと阿弥陀さまの共通点ってあるんですか?さっきお話にあった「頼れる」ということですか?
 
武藤:そうですね。主役は基本あきらめないですよね。途中で投げ出さない。阿弥陀さまもそうなんです。ヒーローは1年間だけかもしれないけど、阿弥陀さまは私が生まれる前からその後まで、最後まで絶対に投げ出さない。絶対に救いきるっていうのが阿弥陀さまという仏さまです。
 
−−−仏さまのことを、ヒーローを通して伝えていけたらすごいですね。お寺内外で活躍するジッセンジャーに今後、大注目です。
 
ジッセンジャーにご興味のある方、活動の見学や出演依頼については下記までご連絡ください。
 
代表:西脇大成
 
jissenjya@gmail.com
 
 
Facebookページ https://www.facebook.com/JissenjyaProject?fref=ts
 

  1. 7/6更新