【イベントレポ仏教×認知症】 あなたの可能性を広げる認知症の捉え方を。(前半)

名称未設定のデザイン (1)

 

2025年、今から7年後に日本の1割以上が認知症または、認知症予備群になる社会が来ると言われています。国民の9人に1人、65歳以上でいうと、3人に1人が認知症あるいはその予備群になるという可能性が出ているようです。

 

10代の方は、自分の父親や母親、祖父が祖母の様子が今までと違う……

50代以上の方は、もし自分が認知症となって、迷惑をかけたら……

 

それぞれがそれぞれの立場で、戸惑い、不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?2025年の大きな課題に向けて、一人ひとりが認知症に向き合うことが大切な時代になってきたのかもしれません。

 

本日は、京都のお寺で実施された講座&茶話会「認知症に備える」〜お寺で考える安心な老後〜という認知症イベントをレポートします。

 

 

今回は、「認知症に備える〜お寺で考える安心な老後〜」というテーマで、

精神科医・介護福祉士・僧侶がそれぞれ3人の立場で認知症や生き方についてお話をしてくださり、その後茶話会も開催され、認知症に対する素朴な疑問にも答えてくださいました。その様子を前半・後半に分けてお届けします!

 

あなたの可能性を広げる認知症の捉え方を。(前半)」

 

*世界で進む認知症。認知症のあれこれ

*認知症の概念が転換。介護士増本先生のお話とワークショップ

 

 

 

 

日本で進む認知症。認知症のあれこれ。             _____

 

精神科医、おれんじ畑代表の東徹先生が、医学的な視点から、認知症についてお話をしてくださいました。

 

・認知症の啓発活動と認知症介護者の育成の活動を展開中な東先生。

 

・日本は6年前に460万人、2年後には600万人が認知症となる。

 なんとなく、遠いものと思っている認知症ですが、珍しいものではなくなってきているようです。

 

・認知症とは、脳の中にある、小さな神経細胞が減少した結果、認知機能の低下を来たす。

 

・4大認知症

  • アルツハイマー型認知症 ②レビー小体型認知症 
  • 脳血管性認知症 ④前頭側頭型認知症

割合としては、アルツハイマー型が半分を占めており、4大認知症以外もあるそうです。

 

・認知症の症状は中核症状と周辺症状(BPSD)の大きく2つに分かれる。

 分けることが重要!と東先生は言われていました。

 中核症状は認知症の方なら誰にでも、現れて、進行する。人によってスピードは違う。

 周辺症状は人によって様々で、一時的で、激しいことがある

 この2つがあると認識していることが重要。

 

自分でも、周りも治療であり、対応したり、介護しやすくなる。うまく接することができる。理解する=備える、ことだとも言われていました。

周辺症状に関しては改善することができる。うまくいかなくても周りが合わせていくことができる。

 

 

認知症に備える_180803_0002 

 

 

・徘徊とは!?

 辞書の意味では、あてもなくさまようこと、とされている。

 しかし、認知症の方の徘徊は、あてはある!最初はあるが、途中で忘れてしまう、道がわからなくなる。ご本人としては、あてがないわけではない。それを知っていると、その人の気持ちがわかってくる。対応するときに役に立ったりする。

 

「だから、徘徊ではないんです、あえていうなら、迷子ですかね」と優しく話してくださいました。今まで思っていた「徘徊」とイメージがずいぶん変わったように思いました。

 

 

・予防、認知症を防ぐには?

「予防法はほとんどありません。脳トレとかもありますが……」なぁんてことも言われていまいましたが……

アルツハイマーに関しては、どういうのがなりにくいかはあるようです。

食事に関しては、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、フラボノイド、ポリフェノール、魚、茶など。

→しかし、因果関係はわかっておらず。上記のものを取ってる人は、なりにくい人が多いと言われているだけのようです。因果関係はわかっていないので、留意してくださいね〜とのことでした。

 

反対に、なりやすいと言われているもの。高血圧、糖尿病、年齢、頭部外傷。

→脳の血管が弱りやすくなる。

「どれ見ても、なりたい人はいないですね!」とこちらも笑顔で話されました。

東先生は最後に「予防法は、健康な暮らしをしましょう!これしかないですね」と明るく話されていました。認知症のこととなると、どうしても暗いイメージが多いのですが、先生から感じられる雰囲気は、認知症をあるものだ!としてドンっと、そしてずっしりと構えられているようにも感じました。

それが参加者の皆様への安心に繋がったのか、会場は明るく、緊張もない柔和な雰囲気となっていました。

 

 

 

 

認知症の概念が転換。介護士増本先生のお話とワークショップ____

 

 認知症に備える_180803_0010

 

おれんじ畑スタッフ・介護福祉士の増本敬子先生のお話とグループワークです。

 

「私は暑いのが苦手です。みなさん、暑いときにはどうされますか?」と参加者の皆さんへ質問を投げかけておられました。

「暑いときになんとか、涼しくしようとするのが脳の働き。暑くなって、熱中症になったら死んでしまう。認知症になると、この暑い中にマフラー巻いて歩いている人もいる。何時間も歩く人がいるんですよ」と話してくださる増本先生でした。

 

 

「認知症になったら、近所の目があると思って、近所の人に言えなくなる。

認知症になったら人のために生きてる価値なく生きてるんだ、と思っていると私たち自身が安心して生きていけなくなる。認知症の方が幸せだと、私たちの未来も幸せです。決して、人のためではない。自分のためと思って日々やっています」

そんなことを言われ、胸に何かが刺さったように感じました。確かに、私自身がなりたくない、認知症なんて嫌な病気だ!とずっと思っていたら、周囲の方が認知症になった時に、同じような感覚をその方に持ってしまう。そんな感覚を持ちました。

 

では、どう対応したら良いのか?どうしたら、お互いうまくいくのか、を増本先生は具体的に話してくださいました。

 

 

・認知症は脳の病気ということで、パッと見てもわからないので、なかなか助けてもらえない

・失語とは話せるけど、会話が成り立たない。全く喋ることができない状況。

・失行、ズボンを履くことができなくなる。服を着ることができないなど。

・異食、トイレットペーパーを食べてしまう。

 トイレットペーパーは柔らかくて、白いもの=美味しそうに見える。

・私たちは認知症の方の行動を想像する、シャーロック・ホームズにならないといけない。

・私たちが認知症の方の行動が理解できずに、怒ってしまう、ものを取り上げてしまう=私たちの世界からしか見ていないことになる。認知症の方が見えている世界は私たちの世界とは違う。食べてはいけないものを食べていたら、すぐに取り上げるのではなく、もっとこちらに美味しいものありますよーと誘導したりすることもできる。

 

 

認知症の方の世界を想像する、ということはなかなか考えたことがない感覚でした。

私たちが日常を送っている世界こそが、正しくてそこに合わないものは自分たちが勝手にダメだ!といっている状況が起こっているのだと、自分の世界の狭さと憤りのない思いを感じたお話でした。

 

 

・進行すると、自分が認知症であると自覚することがなくなる。

→「困ったことがあるなら手助けしましょうか?」というと、「なーんにも困ってません」と言われる。けど、実際は洗濯物が山積みであったり、ゴミが散乱していたりする。

 

 

・認知機能は低下するけど、感情は残る。嫌われたら損!

どうせ、お世話しないといけないんだったら、いい感情持ってもらった方が、うまくいくことが多い。馴染みの関係づくりがスムーズな介護につながる。

・病の種類や、進み具合によっても様々。

・取り巻く人によってひどい症状にする場合もある。今日はこれが大切!

・関わりの中、対応で良くなる。取り巻く環境で変わる。これが他の病気とは違うところ

 

 

 

・対応のポイント

—視点:相手の立場になって物ごとを考える

(徘徊)認知症の方にとって、歩いていることを私たちは徘徊と呼ぶが、認知症の方は仕事に行こう、彼女に会いに行こう、子どもを迎えに行こう、と思っている。探偵となる!

おじいちゃん、最近毎朝7時に歩き出す。そう言えば、かつて7時に仕事に出勤していた。そうなると、家に帰ってきたら「お疲れさん」と言ってあげる。など

 

—個別性:その人を知る

その生活の中で、その人の趣味などを知る。音楽を好き、だけど童謡は嫌いな人に童謡歌ったら、嫌がられる。何をその方に言ったら、心動かれるかを知る。その人の生活や性格、病気の種類を知る。

その人にとってのキーワードを持っておく。例えば、猫とか?

 

私が私らしく生きる環境がある。頑張らなくても。

 レッテルを貼らない

 認知症=何もできない人、と見ない。そうなってしまう、そうとしか見えなくなる。

 

 

—対等なお付き合い。本人の主体性を尊重する

ケアする側の落とし穴。ちゃん付けしてしまうことがある。

「さっちゃん」と扱われると「さっちゃん」になる。「さちよさん」と呼ばれると「さちよさん」となる。

にこにこしている方はにこにこする強み、強がりな人は強がりの強みを持っている。

その人の強みが好きな強みであろうが、嫌な強みであろうが、その人を認めて付き合う。私が私らしく生きていく。いくら可愛くても、90年の歴史をもった人生の先輩として接する。

・サポートは黒子のように!

たくさんのお節介をしてしまう場合がある。あんまり、構い過ぎない。

 

図1 

 

——後半はグループワークの実施

・グループに分かれ、「1分間で私はこういう人間ですよ」と3つ書く。

例)私は優しいです、慈悲深いです、とか。

・3分間で、認知症になったら嫌やなぁと思うことを話し合う。

・悪い対応の掛け合いをロールプレイ。

 

 

 

先生のご経験に基づいて具体例をたくさんあげてくださり、とてもわかりやすく、参加者の皆さんも実際にうんうん、とうなずきながら話を聞かれていました。

認知症という、繊細な課題に対して、遠回しな言葉でお話しされず、増本先生のしっかりとした経験に基づいて話してくださることが、認知症の家族を持った私には何よりも安心し、お話を聞くことができ、励まされたような気持ちになりました。

ある種、当たり前のことを言われているようにも聞こえましたが、当たり前のことをいかに日常で自分が実行できていないかも、痛感した時間ともなり、情けない思いもありました。相手が認知症の方に限らず、増本先生がおっしゃるようなコミュニケーション、人のあり方ができればいいなぁと思わずにいられませんでした。

 

 

また、実際に認知症でのトラブルを優しく取り上げながら、話してくださることで、今まで認知症を抱えてこられた方や、これから認知症への不安を持たれる方もきっと、今までとは少し違った認知症への見方ができたのではないかと感じるような時間だったように思います。

 

イベントの後半は、次回記事でのご報告です。お楽しみに!

 

 

2017.8/6 更新