被災地の声「ありがとう」

ボラ僧ありがとう

仮設敷地内で「ボランティアですか?」と高齢の男性に尋ねられた。

何か苦い表情で「わしにゃ、考えられんことだ。」とおっしゃった。

「遠いところから来るって事は、国が裕福になったんべかなぁ。」

「わしは自分の事しか考えられんし、助けてもらおうとも思わん。」

男性はご自身の価値観を一通り述べられ、満足そうな様子だったので、私は「失礼します。」と言って、そっとその場を離れた。

すると、背中から

「ありがとうございます」という男性の声が聞こえた

 

(金澤豊)

 

2016.4/24更新

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––