ルソーの名言「ある者は明日に、他の者は来月に……」

生きる力をくれる言葉

 

ある者は明日に、
他の者は来月に、
さらに他の者は
十年先に希望をかけている。
誰一人として、
今日に生きようとする者がいない。
ルソー
(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778)

 

 
 
 
過去、未来、現在、
どれが大切かはとても難しい問題ですが、
目の前にあるのはこの「今」だけ。
「諸行無常」。すべてのものは変化します。
どんなに美しい花でも、
明日には嵐で散ってしまうかもしれません。
美しかった花や、
次に息吹く芽に想いを馳せながらも
「今」をどれだけ大切にできるかを
問われているのです。
 
誰に?
 
私たち自身に。
 

 
 

 
 

 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.05.03