【イベント情報】デスカフェサミット2022 二人称で考える“もしも“の話(どせばいいカード体験大会)

 
死についてケーキやお茶を片手に語る場「デスカフェ」。スイスで始まり、イギリスで広まり、世界70ヵ国で行われており、国内でも様々なタイプのデスカフェが行われています。
 
2020年にはデスカフェ見本市として、オンライン上で国内のデスカフェが、それぞれのデスカフェを開催するデスカフェオンラインサミット(Death Cafe Week 2020)を行いました。2年ぶりに、国内のデスカフェが一同に会して行うオンラインイベントを11月19日の土曜午後に開催します。今回はわたし達のカフェ仲間でもある青森の特別養護老人ホーム「三思園」が企画、制作された、人生会議をみんなで楽しく行うための【どせばいいカード】のお披露目&体験会を兼ねたイベントになります。
 
今回のテーマは、「これからの看取り時代とデスカフェ」。
デスカフェの社会における役割を見つめる 死をカジュアルに語る場「デスカフェ」は世界的な広まりを見せ、国内においても2020年にはデスカフェ見本市として、オンライン上で一週間にわたりデスカフェオンラインサミット(Death Cafe Week 2020)を開催、延べ400人以上の参加者を得ました。
そして、翌年の2021年にはデスカフェ主催者たちが協力し、「デスカフェ・ガイド」を刊行。サミット、ガイドブックを参考に、新たなデスカフェも多く生まれています。
 

 
このような推移を経て、本年2022年度は、二人称の死で考える対話ツールとして誕生した【どせばいいカード】の体験大会を企画しました。ACP(人生会議)の必要性と、在宅看取りに関する心構えが大切になっている今、今までに無かった二人称版の体験は、ささやかながら時代のニーズに応えられることではないかと考えております。また、これからの看取り時代とデスカフェをテーマにしたトークセッションには腫瘍内科及び緩和ケア医でもある一般社団法人プラスケア代表理事の西智弘さんをゲストにお迎えして、多死社会に向けたデスカフェの役割についても考える機会に出来ればと思います。
 
どせばいいカードとは?
https://sanshien.site/dosebaii/index.html
 
楽しく、気軽に「ACP(人生会議)」の疑似体験をはじめてみませんか?
デスカフェ・サミット2022でお待ちしています。
 
 

開催概要

 

▼日時

2022年11月19日(土)13:00〜18:00
 

▼当日のプログラム

当日は以下の内容でサミットを開催します。②どせばいいカード体験会を除くプログラムは自由に参加視聴が出来ます。お時間ありましたら他のプログラムにも是非ご参加ください。
 

① オリエンテーション         13:00~13:10
② どせばいいカード体験会       13:10~15:10
③ デスカフェ主催者によるフリートーク 15:20~16:20
ゲスト予定 一般社団法人プラスケア 代表理事 西智弘先生
④ 各地のデスカフェ実践事例紹介    16:30~17:45
Death Cafe Week 2020 以降に活動を始められた方々の活動紹介と、Death Cafe Week 2020でオンラインデスカフェ等を行った方々のその後の実践を、リレー形式でご紹介します。
⑤ クロージング             17:45~18:00

 

▼方法

オンライン(Zoomアプリ使用)
 

▼定員

30名(先着順)どせばいいカード体験会のみ。
 

*どせばいいカードの体験会を除いて定員はありません。
*申込〆切はイベント開催日の一週間前です。
*当日の様子を撮影したものを、Webサイト・広報物等で使用させていただく可能性がありますので予めご了承ください。

 

▼主催

デスカフェサミット実行委員会
 
 

詳細はこちら

 
こちらのPeatixページよりお申込ください。
https://peatix.com/event/3392194
 
Facebookはこちら
 
 

▼チラシ画像

 


 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.11.07