お寺でからっぽ体験ー痛みの原因ー

お寺という空間でお灸やヨガ※1)を通じて、一度自分自身をリセットする様な時間を過ごす「お寺でからっぽ体験」。今回は「痛みの原因」ということをテーマに少し書かせていただきます。
 
お寺でからっぽ体験の様子
 
痛みと言えば、「肩や腰がいたくてどうしようもなくて」ということを理由に、お寺でからっぽ体験へ参加される方は沢山いらっしゃいます。みなさんそれぞれに、身体をもんでみたり、湿布をしてみたりとするものの、なかなか治りづらかったり、何度も症状を繰り返したりするようで悩まれていらっしゃいます。
 
 
そんな時に、オススメするのは足首をまわし足首を柔らかくすることです。腰痛や肩こりがひどい時は大体足首が堅くなっている時です。なぜならば、足首が堅くなると人の身体は前傾姿勢になっていき、それを正常に保とうと身体に力が入り、肩や腰に負担がかかった結果、痛みが生じるからだそうです。
 
 
今まで肩こりや腰痛に悩まれていらっしゃった方も、最初は「まさか、足首に原因が!?」と驚かれながら、足首を柔らかくすることによって、驚くほど症状が改善したという声をいただく時はとても嬉しいことです。
 
 
私達は、腰が痛い時には、「腰」が悪いんだな。と思ったり、肩が痛い時には「肩」が悪いんだな。と思ったり、物事の一部分を見て判断することが多い様に思います。しかし、身体全体を見て初めて本当の痛みの原因が分かることもあるのかもしれません。
 
 
また、これは、身体の痛みだけの話ではないと思います。例えば、人付き合いの中で「苦手だなぁ。」と思う人と接する際に、その人に原因があると思うのではなく、どうしてその人はそうなったのだろうか。私はどうして苦手と感じるんだろうか。と考え視野を広げることによって、気持ちが楽になることもあるかもしれません。
 
 
お寺でからっぽ体験では、身体も心も少し楽になる様な情報や機会を今後も発信していけたらと思っております。
 
 
是非、実際に講座等にもお出かけ下さい。
 
近々開催のイベント等のご案内をさせていただいてます。
 
◆Facebookページ
 
https://www.facebook.com/asitadesign/?fref=ts
※外部へリンクします。
 
 
2017.6/31 更新
 
 

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2017.05.31