被災地の声「ガンが仮設住宅で再発した」

(60代女性)

震災前に治療したガンが、震災後、仮設住宅に入ってから再発した。

免疫力が極度に低下しているので、ちょっとした風邪にも気をつけなければならない。

みんなが前を向いているときに、自分だけ弱いところを見せられないと、

無理をしてでも元気に振る舞っておられるそうだ。

それでも気持ちが弱くなったときには、「実は、余命いくばくもないんだよ」と打ち明けたりもするのだが、

「あんたは大丈夫よ」と言われてしまうのだとか。

そのたびに、ひとりぼっちな気持ちにさせられ、

その分だけ余計につらい気持ちになるのだと、さみしそうに言われた。

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––

 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2014.02.14