波が帰っていくところ【インスタ法話】


前の記事
2021年2月8日
記事作成:他力本願ネット

次の記事


 

 
歌手 さだまさしさんの『防人(さきもり)の詩』は、『万葉集』第十六巻にある、「鯨魚(いさな)取り海や死にする 山や死にする死ぬれこそ 海は潮(しお)ひて山は枯れすれ」という歌が元になったと知りました。
「海や山も死んじゃうの?」
そんな“いのち”の行方の問いに、「海の潮は引いて、山は枯れる」と形を変えることが“死”だと答えます。
大切な人とわたしのいのちの行方。
仏は、別離の悲しみを繰り返さない世界へ生まれ変わることを願われました。
 
/////////////////////
 
若不生者 不取正覚
私の用意した世界に生まれて来ないならば、私は覚らずにいる。
『仏説無量寿経』

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.02.08