縁起【インスタ法話】


前の記事
2022年9月24日
記事作成:他力本願ネット

次の記事


 
種という因があって、果実という果を結ぶ。
 
そしてその果実はまた種となり、次の花となる。
 
そこには雨という縁も、土という縁もありました。
 
みんな、ぜんぶ、今と私とつながっている。
 
それを縁起(えんぎ)と言います。
 
////////////////////////////////////////////////
 
【縁起】えんぎ
 
縁起(えんぎ)とは因縁生起(いんねんしょうき)の略で、それを悟られたのがお釈迦さまです。
すべては互いに関係し合っていて、何か一つが単独で成立しているものはありません。「それ」が今ある原因や、「それ」を助ける縁があり、すべてのものが相互に関係し合って生まれ、起こっているのです。
 
私を支える食事、その食事の材料の作物、その作物を作る農家さん、その作物を支える自然、、、数えだせばきりがありません。
 
環境、社会、文化、歴史、、、考え付かないほど多くのものが、直接的に、あるいは間接的に、今の私を支えてくれています。無関係に思えるものでさえ、無関係ではないのです。
 
現在あるものだけでなく、過去や未来、時空を超えて縦横無尽に関わり合っているその関係を縁起と言います。
とても壮大な世界ですが、それがお釈迦さまの悟りです。本当は、縁起に良いとか悪いなんてないのです。
 

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.09.24