企画するってどういうこと?色んな人からのアドバイスで成り立つ|平井さんインタビュー③

sam2

まぁいいかcafe1

 
2018年より始められた活動「まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)」。お母様が認知症になられ、同居されたことをきっかけに、認知症の方や高齢者が働くこと、生活を豊かにしていくことを支援したいと考えられ、始められました。京都市の各地のお店やホテルを会場として、認知症の方が接客をされるカフェとして活動されています。
 
京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)を企画されている、平井万紀子さんのインタビュー3回目をお届けします。今回は、具体的にどうやってこの企画が進んでいったのか?企画する上での工夫、また今後の展開をお聞きします。
 

<京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)平井万紀子さんインタビュー>
①スーパーマーケットに隠れていたアイディア。認知症と共に
②『まぁいいか』と思える社会を目指して
③企画するってどういうこと?色んな人からのアドバイスで成り立つ(当記事)

 
 

インタビュアー(以下、「イ」):カフェを選ばれる基準のようなものはありますか?
 
平井さん(以下、「平井」)
:基準とかはまだ全然決めてないんですが、おしゃれで便利なところということでしょうか。(笑)
 
 
イ:便利というのは?
 
平井:駅から近いとか、もしくはパーキングがあるかどうか。あと必ず見ているのは、段差ができればないところ。トイレが使いやすいところでしょうか。
 
何回か開催させてもらい、感じたことを踏まえてこれからはお店選びも検討したいと思っています。
まずは、私たちの活動に共感してくださっている方。はじめからコンセプトに共感してくださっている方だと、やっぱり当日のちょっとした雰囲気的なものが変わってくるように思います。
 
もしはじめの時に、「それって大丈夫ですか?」って思われてる方も、開催当日までにこちらがどうしても使いたければ、話し合って分かり合える状態にしたいと思っています。
 
 
平井さん1
 
イ:元々、そのお店のアルバイト、シフトに入ってこられる方もいらっしゃるのですか?
 
平井:給仕するのは私たちだけですが、お店の方は厨房や、注文と厨房のつなぎの役割をしてくださいます。
一番大変なのが、キャストがお客さまから伺った注文を厨房に伝える間の役が一番大変なんです。
 
それは、慣れておられる店の人にやってもらってます。私たちボランティアはキャストに寄り添ったりとか、全体を見て、「あそこ行ってください」とか、促したりする役割です。
 
 
一人だけの力でない、いろんな人からのアドバイスを受け入れて、成り立ってきた企画
 
 
イ:会場を貸してくださるお店は、社会貢献としての活動をされている認識なのでしょうか?もしくは、お店の知名度を上げる意味もあるのでしょか?
 
平井:社会貢献したいと思ってやってくださっているお店だと認識しています。結果的に、実施したことにより、たくさんのお客さんが来て、新規のお客さんが来られ、宣伝になることで、かなりお店の方には喜んでいただいています(笑)
 
もちろん、お店によっては社会貢献がしたい!というのが前提ではなく、宣伝になるからっていうのでしてくださる方もいるかもしれないです。とにかく私の中では、いつも「WIN-WIN-WIN!」を考えています。お店を経営されるのは大変なので、私たちがやることで、そこのお店の知名度上がったり、売上が上がるのは嬉しいことです。
 
これはこちらの課題ですが、継続して活動できたらと思っている企画なので、運営費がそこから出ればいいなぁとは常々思ってはいます。
 
 
イ:まさに営利企業が社会貢献する形って、素晴らしいマッチングだなぁと思いました。お話にも出ました、運営費はどうされているのですか?
 
平井:特別メニューを作っていただいて、そのほんの一部をこちらの運営費にいただいたりしますが、ボランティアの方にお渡しする交通費で消えてしまいます(笑)。世界アルツハイマーディがある9月は大きく開催するのですが、その時は協賛金や助成金で運営したりしています。
 
まずは、後援ってどうやってとるの?から始まりましたよ(笑)。後援を取ったら協賛金を出してくれるところがあるよって聞いたんですよ。
 
今まで後援のみで、協賛金はいただいていませんが、京都市、京都府、公益社団法人認知症の人と家族の会京都府支部、日本認知症グループホーム協会さんなど本当にいろんな方が協力くださっています。
 
 
イ:それは、平井さんご自身が行かれて説明されたのですか?
 
平井:いえいえ、30数名のスタッフが分担して行ってくれたりとか。
グランヴィアホテル京都で開催した時は、後援が12団体、協賛企業が14社、協力企業が3社でした。
協賛企業の設定は、1万円、3万円、5万円にする、などをボランティアスタッフの方が考えてくださいました。
 
 
イ:本当にいろんな方がアイディアやお金を持ち寄られているんですね!
 
平井:この時は、ボランティアの人に対するお金は交通費も含めて0円でした。けど、継続的に実施したいので、ちょっと今その仕組みを考えています。色々動いていくのに、お金もかかるので、どうしたらいいかなって。
 
まぁいいかcafe2
 
イ:公益性のある活動をやりたい企業さんは多そうですね。社会的メッセージも強く、企画名から期待値調整もできてますよね。
 
企業としては一番怖いのはクレームだと思うんですけど、ネーミングから期待値が調整されているのは安心ですよね。

つまり、トラブルは起こるもんですよって調整されているので、お客さんとトラブルの確率も低くなるかと。
 
運営費もですが、キャストさんのお給料はどうですか?
 
 
平井:「給与」という形でご本人にお渡ししています。
 
最近は、一緒にやらせていただくお店の方とのお話し合いなんですけど、ランチの値段に少しプラスαしていただいて、数百円ですが、そのお金を運営費としてボランティアの人の交通費や雑費に当ています。
まだまだどうしたらいいか、検討中です。
 
 
イ:キャストを集めるのがすごく大変そうですが⋯⋯。集められるうえで工夫とかありますか?
 
 
平井:いろんなイベントなどで知り合った方も多いですね。家族同士だと話が早いんです。「どうですか~?」って聞いたら、「次いついつやし、よろしくお願いします!」「ありがとうございます~」でOKなんです。
 
けど、施設さんを通すと、話は変わってきます。施設側からすると認知症の人って、お客様なんですよね変な言い方ですけど。
 
施設に入所している方がキャストってなった場合、そのキャストの方の施設と家族の了解を得ないといけない。そこで断られたこともあります。
 
2019年に入ってからは京都の各区でやりたいと思って活動してるんです。大変な面はありますが、その地域に住んでる方とかその地域の施設にいる方、もしくはその地域が実家とか。地域にちなんだ方を中心に集めたいなぁって思ったんです。
 
image6
 
 
日常の中にこそ生まれてくるものを、見つけ出したい
 
 
イ:まぁいいかcefeのキーワードは働くってことでしょうか?
 
平井:そうですね!実はやり始めて気がついたことなんですが、うちの母は給仕するのがあんまり好きじゃなかったんですよ。
 
母が途中で「私、厨房の中で洗い物したい」って言ったんですよ。掃除したいって言い始めたんですね。
 
実は給仕するっていうのはすごくわかりやすいし、働いてもらいやすいんですけど、他の仕事で働けることがあったらそれもいいなぁって思ってるんですね。「働く」って一言で言っても、それぞれなんですよね。改めて認識しましたね。
 
 
イ:確かに、社会で「働く」は給仕だけではないですもんね。
給仕以外の、働くをいっぱい見つけていけたら、よりクリエイティブになりそうですね。
 
平井:働くにならないかもしれないんですけど。2018年12月にマールカフェさんでやったときに、メイクアップができる友達にうちの家に集まってもらって、メイクしてもらってから、現場に向かったんですよ。そしたらやっぱり、みんな嬉しそうなんですよ。
 
人から見られるってことは、綺麗にしとくっていう気持ちが大事かなぁと。ファッションショーとかも楽しそうだなぁって。それを、例えば伝統ある南座とかでやらせてもらったりとか!質もですが、楽しいことも大事だなぁっと思っています。
 
パンフレット
 
イ:働くにこだわるというよりは、高齢者のQOL(Quality of life;生活の質)をあげていくということでしょうか?
 
平井:そうですね。
人は①人の役に立つこと。②愛されること。③人から必要とされること。④人に褒められること。が大切だと思っています。そして、この4つのうちの愛されること以外の3つは働くことによって得られると思います。
 
 
今、このまぁいいかcafé以外で、認知症の人と介護者が働ける仕組を作っているところなんです。
 
 
イ:平井さんのお話を聞いていると、今あるいわゆる「福祉」の感覚とは少しちがうような気もします。
 
平井:そうですね。いわゆる「福祉」の枠では捉えていません。私自身が福祉施設で働いたり、介護士の資格を持っているわけではないので、母親の介護をする一人の女性っていう感覚のが強いので。
 
明るく、常識内の範囲でワクワクできるようなことができたらいいなぁって。施設の中だけでなくて、実生活での楽しみを混ぜていくというか⋯⋯。
 
 
 
介護する側が抱える想い。正解のない答え。
 
平井:認知症のことをやってるんですけど、そのイベントだけに括られるのは嫌ですね。「日常」の中にこそ!何かをしたいんですよね!
 
 
この活動を通して、ありがたいことに介護者の人と仲良くなったりして、「介護者の接し方、関わり方によって認知症の方の生き方も変わるな」というのが、私の今の結論なんです。
 
もちろん、イベントで、みなさんの笑顔を見れることもうれしいです。介護者やお客さん、キャストの方が本当に和んでくださって、ほっこりできるのも、いいなぁと思っています。
 
 
施設へ行って、職員さんと喋るんですけど、私が困ったことを職員さんにいうと、だいたい言われるのは、「平井さんの言うことはわかるけど、お母さんはなんて言ってはるの?当人さんは?」って言われるんですよ。
介護職の方はそれが当然なんですけど、それ聞くとね、結構しんどくなるんです正直。
 
介護者の人は介護者をフォローするんじゃなくて、当人さんをフォローするのが介護職の仕事なんで、当然だとはわかっているんですけどね(笑)。
 
 
イ:自宅で介護されている全世界の人の心の声ですね。それはきっと。
 
 
まぁいいかcafe3
 
平井:さらには介護離職の問題も出てきてるんですね。2025年から5人に1人は認知症になると言われています。あと6年後くらいでそうなるんですよ。
どんどん介護者の年齢も下がってきている。
 
40代、50代、仕事やめて介護をしてる人も多くなってきています。そういった方達がみなさん言われるのは、「将来が不安」ということです。
 
今、高齢者の方は年金で施設代金を払ってますけど、これからの世代ではそれを年金で払えるかってわかんないし、どんどん介護離職が問題となっていきます。そう思った時に、介護者になったからこその仕事がつくれないかと考えています。
 
 
認知症の母と一緒に仕事場に出勤する社会へ!
 
 
平井:介護者だから見える部分ってすごくあるんですね。こんなふうに対応してもらったら、めちゃめちゃありがたいんですけどーとか。ここはこういうふうな言葉を使ってもらったら、自己肯定感あがるんですとか。
 
逆にそこまでやられたら「介護される人ー!」みたいな感じになるから、ちょっとそこまではフォローしていただかなくてもいいんですとか。
 
そこを自宅で介護する私たちがまとめ上げて、お仕事として伝えていけたらと思っています。
 
 
最近は、犬連れで出勤とかできるじゃないですか?子ども、赤ちゃん連れでの出勤とか。私が提案したいのは認知症の人を連れて、働きに行けたら、私でも母を連れて働くことができるんですよね。
 
平井さん2
 
イ:場合によっては政策提言というか。そのレベルですね。世直しというか。
 
平井:そんなことできたらいいですけど~(笑)。でも本当にそうなったらいいのになぁって。そうじゃないと、もう働けなくなる。皆さんが50代になった時に、認知症の方々が多すぎて、会社に連れて行かな、働けへん!無理!ってなるかも。
 
 
イ:時代の流れは追い風かもしれませんね。
 
それが日本の可能性という気もしました。そのうもれてる部分が発揮できて活動していけたら、みんなにとってすごくいいですよね。
 
平井さん、ありがとうございました。
 
 
ーー
 
 
認知症の方を連れて、会社に出勤する未来。これからの日本にあるといいなぁと思うような社会のあり方でした。平井さんだけでなく、介護者として生活されている方、認知症の方に限らず、一人ひとりの日常があたたかくなっていけるような社会になればと思いました。
まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)に訪れて、少し心に余裕をもてるような時間、「まぁいいか」と思う心を養ってみるのもいいかもしれません。
 
 
まぁいいかcafe情報(facebookページへ移動します。https://www.facebook.com/maiikakyoto/
 
平井さん4
 

<京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)平井万紀子さんインタビュー>
①日々使うスーパーマーケットに隠れていたアイディア。認知症と共に
②『まぁいいか』と思える社会を目指して
③企画するってどういうこと?色んな人からのアドバイスで成り立つ(当記事)

 
 

掲載日: 2020.01.17