僧職図鑑09―羽田高秀(はねだたかひで)―《後編》

今回のインタビューのお相手は、「京都 坊主BAR」を経営されている羽田高秀さん。

 

《前編の続き》

                       

▼「僧侶として、バーを経営する難しさ」、あるいはジレンマみたいなものはありませんか?

 

ありますね、常にあります。

僧侶としてという意味では、ほとんどここでは、浄土真宗の教えを直接的には話しません。まれに「浄土真宗はこういう教えです」とか、「他力とはこういう意味です」ということはありますが。ですから、果たして自分は「僧侶」かな?と自問自答することはあります。

 

▼「教えを語らない僧侶」は僧侶なのか、ということでしょうか。

 

たとえば、「一年前に亡くした妻を忘れられないんです」という方が目の前にいらっしゃる。そのときに、自分がどういう立場で接するかというと、特に悩むところです。

そういう方に、教えを一方的に語ってもあまり響かない。たとえば、そういう人には、「こういう本もあるんですよ」と、紹介したりします。しかし、それは浄土真宗の教えと関係ないものもあるわけです。その時、自分は「浄土真宗の僧侶」ではないわけです。

そういう矛盾を抱えています。矛盾も抱えているけれど、そういうあり方もかえって別の意味では、非常に僧侶的なのではないか、と思うこともあります。

 

僧侶として、坊主バーに立ちながら、目の前のお客さんとどういう時間をすごすか、この人にふさわしいものはなにかを考えて、こちらの伝えたいものは、いったん全部横において、接することを心がけていらっしゃるように聞こえました。

 

そういうふうに表現して頂くと、いちばんわかりやすいかも知れません。自分が出したいものはあまり出さない。カウンセリングで言えば、「ついて行く」という感じですかね。

 

 

 

 

▼坊主バーは、新しい仏教へのアプローチのように思います。坊主バーから見た、いまの「仏教の課題」とはなんでしょう。

 

いつの時代でもそれはあったんでしょうけれど、非常におおざっぱにいえば、昔の仏教「官の仏教」から、「民の仏教」の時代になっているのにも関わらず、いまの仏教のスタンスは「官の仏教」のままだと感じます。これからはお寺と一般の関係が変化してくと思います。

 

 ▼この「坊主バー」という形は、まさに「民の仏教」の形としてあらわされているように思いました。

こういう形で、仏教をひろめていくというのは「アリ」かな、と思っています。江戸時代からいままで、ずっと続いてきたものとは違った形で、こういうものもありではないかと。バーではなくても別の形でも、今の時代に応じたものが多分出てくるし、出てこないといけないのではないか、と思っています。

 

 ▼ 権威や固定化された形をいったん離れて、仏教に触れてもらいたいという思いが、この坊主バーという空間で目指されているんですね。

あと、できるだけ、一対一の人間と人間のコミュニケーションがそこであるということが大事かなと思います。

あるいは、親鸞聖人も仏教に限らず、いろいろな話をされたんではないかなと思ったりします。そして、そのなかで、その人に合う言葉で、自分が修行をし、学んできた仏教を語っておられたんではないかなと思います。この坊主バーも、それと同じような空間になればなぁと、思っています。

 

 ▼本日はありがとうございました。

京都 坊主BAR

Address: 〒604-8237 京都市中京区油小路通蛸薬師下る山田町526番地

Tel:075-252-3160

定休日:日曜日,木曜日(振り替える場合あります)

営業時間:20:00~24:00(ラストオーダー 23:30)