ひとりで老病死を抱える人に、どう寄り添うのか|せいざん株式会社インタビュー③

葬儀に関する困りごとを抱えた人を数多く受け入れてきた、せいざん株式会社の事業。前回は、どういった相談が最も多いのかをお話いただいた。今回は、頼れる親族や知り合いもなく、一人で死を迎えていこうとする人に寄り添う「弔い委任」という取り組みなどについてお話を伺う。
 
 

 
c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0014
 
ひとりで老病死を抱える人に寄り添う  「弔い委任」事業
 
 
ーー立ち上げの経緯や、社会的背景について教えていただけますか?
 
池邊:私自身、人が亡くなられていくパーソナルな現場にずっと立ち会って、いろいろと相談をいただくなかで、やっぱり死っていうのが本当に人間に与えられた価値観を揺さぶられる最後の大きなタイミングだと思うんですよね。
 
ーーそうですよね、本人にとっても家族にとっても
 
池邊:そうですね。そのタイミングで、できるだけ良い価値を提供することによって、ご家族など送った側の人生もより良くなればと思っているんです。そして、お一人で亡くなっていかれる方も、生前に自分の死後のことをきちんと準備をして安心することができれば、より良く生きることができるんじゃないだろうか、と思ったことがこの取り組みの大前提です。
 
 
ーーより良い最期は何か、考えていくことが現在の「生」に深く関係しているということですね。
 
池邊:高齢者白書( 平成29年版高齢社会白書(全体版)では、自分の体に何かあったときに頼りたいと思う相手はいるかという質問に60歳以上の男性の2人に1人は「いいえ」と答えているんです。
 
 
ーー2人に1人ですか?多いですね。
 
池邊:女性でも3割くらいが「いない」と答えていらっしゃいます。高齢化していくことによって、周りも亡くなっていくし、仕事をやめたり商売をたたんだり、子どもも巣立っていくというなかで、自然と人が周りからいなくなっていくんですね。
 
 
ーー突然じゃなくて、自然と
 
池邊:はい。そうすると、頼り合いの関係性もどんどん薄くなってきて、自分の死について漠然と不安があったり、体が動かなくなったらどうしようと思っても「助けてね!」とは言えないんです。
 
私たちの元に寄せられる相談も、「自分の葬儀のことで」という内容は年々増えています。
 
 
ーーそれはどういう経緯でご相談してこられるんですか? 突然相談の電話が入るんですか?
 
池邊:運営している青山霊廟(納骨堂)へ相談などから「実は私は一人で……」とか「誰も頼る人がいないんです」といったお話になることが多いですかね。
 
そういった縁ある方々に対して、なにかしてあげられることはないだろうかと。体や生活のことで困ったことがあれば駆けつけたいし、亡くなられたときには納骨もしてあげたい。
でもコンプライアンスの問題で、なかなか自由にそういうことができない状態だったんです。
 
 
ーーあとから問題になっても困りますしね。
 
池邊:なにかしら契約書がないと、家族のかわりにはなれないですからね。
 
いろいろとお話もして、関係を築いてきた方なのに、いざというときに動けないのは、さみしいねという思いが募るなか、会社が年数を重ねるなかで納骨堂の契約者さんのご年齢も上がってきて、お一人様の問題がどんどん深刻になってきたんです。
 
c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0012
 
 
ーーたとえば、契約当時は70歳だったのが、今は80歳になっていらっしゃる、ということですよね。
 
池邊:はい。平均寿命にもかかってきますし、75歳をこえたら認知症発症率も上がってきます。お元気なときに私たちにご相談くださって、こちらがいろいろ把握していることがあっても、いざというときに「こんなこと言っておられましたよ」とか伝えても、親族がはねのけたらそれでおわりですからね。
 
 
ーーそれで、きちんと関わることのできる仕組みを模索されたんですね。
 
池邊:はい。司法書士さんとかいろんな方に相談するなかで、信託預かりが一番安全かつ契約書ベースでやれるんじゃないかという話になりました。
 
これはもう全く儲けは出ないですし、やればやるほど赤字の事業なんです。本当は国や自治体がやるべきことですから。でも、実際に困っている方がいらっしゃるんだから、やるべきだろうと。
 
 
協力してくださる一般社団や団体が、それぞれ得意分野を生かして少しだけ収益を上げながら持続していければ、と思っています。それが弔い委任事業のはじまりでした。
 
 
 

弔い委任事業ってどんなことをしてもらえるの?

 
 
ーー主な業務は、後見と死後事務ですか?
 
池邊:そうですね、具体的には死後事務がメインです。死後事務の契約をするなかで、見守りの取り組みもご紹介はしています。
 
 
ーー見守りもされているんですね。見守りは、定期的に様子を見るということですよね?
 
池邊:はい。これも外部への委託ではなく、私たちでやっていく予定です。週に1回お電話で様子を伺うとか、ランチをご一緒するとか、やり方は選んでいただけます。
 
なにか変だな?と思ったら、司法書士さんにバトンタッチしたり、場合によってはそこから後見人としての業務が発生したり。そして、お亡くなりになったあとには死後業務を執行します。喪主のかわりとして納骨までお手伝いします。
 
負担にならない範囲を探って、士業の方と協力して進めています。
 
 
 
お寺でできる死後事務委任契約─〈日本弔い委任協会について
 
 
ーー見守りの取り組みはもう始まっているんですか?
 
岩田:まだこれからなんです。
 
 
ーーなるほど。予定としてはお電話かランチを考えていらっしゃると。ランチというのはお家にお邪魔して一緒に食事をするんですか?
 
池邊:はい。
 
 
ーー価格設定が難しいんじゃないでしょうか?
 
池邊:価格的にも気持ち的にも、そんなに負担にならないようにしようと思っています。完全に無料サービスだと「毎回来てもらって悪いから、交通費だけでも……」となってしまう可能性もありますから、それだったら最初から料金に含めておいたらお互いに気が楽ですよね。
 
 
ーーたしかにそうですね。契約関係だからこそ、安心してサービスを受けられるというのはあると思います。家族に頼むよりも、疑似家族のような仕組みの方がより良いのかもしれないですね。
 
池邊:そうですね。本当に困ったときに頼れるという意味では、家族のような存在になりたいと思っています。
 
 
ーー寺院にとっても、高齢化やお一人の方が増えているというのは、考えていかないといけないところです。
 
池邊:そうですよね。見守りをはじめとした、お一人の方との関係づくりも僧侶の方がやっていただければ良いなと思いますね。ホームページでは「弔い」から「看取り」へとも書かれていましたね。
 
 
ーーそうですね。とても大切な僧侶の役割です。
 
c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0007
 
池邊:お寺をきっかけとして、安心できる社会や地域をつくることができたら、そこには安心して生きられる人生があるんじゃないでしょうか。
 
今は、老いることが怖い、死ぬことが怖い、病気になることが怖い……という怖いづくしでも、繋がりができることで少しでも変化していけるのではないかと思います。
 
 
ーー老病死の問題に寄り添っていくというのは、いつのときも必要なことですよね。せいざん株式会社さんは、今の時代を見据えたうえで、老病死に向き合っておられるんですね。
 
池邊:私たちは、おっしゃる通り、老病死をより良くしていく会社でありたいと思っています。前代未聞の超高齢化社会でもありますしね。
 
すでにご紹介した業務の他にも、供養や人の繋がりに関する情報発信をするメディアを運営したり「エンパーク定年世代向けのお仕事を募集する「はたらく+(はたらくぷらす)」という求人サイトも運営しています。
 
なにか自分の役割を見出せたり、人と人が繋がれるように、という思いは全てのサービスで一貫しています。
 
ーー
 
人が死んでいくということはいつの時代も変わらないけれど、人を取り巻く社会の状況は刻々と変化しています。社会の変化から零れ落ちてしまった人たちを見つめ続け、何ができるだろうと模索し続ける姿に、僧侶は一体なにができるだろうと考えさせられるインタビューでした。
 
次回は、お寺との関わりについてお話いただきます。
「宗教者だからできること、宗教者じゃないからできること|せいざん株式会社インタビュー④」
 

 
 


 

関連記事関連記事

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2019.10.22