【老後の悩み】独身で親族もいない。施設入所の際の保証人の事が心配。


前の記事
2021年8月21日
記事作成:他力本願ネット

次の記事


人生に「老苦」はつきもの。老いと上手に向き合い、前向きに暮らしていきたいものです。今回は、老後のさまざまな悩み相談を受け付ける「京都府高齢者情報相談センター」の相談事例をご紹介します。
 

相談内容

 

60代前半、女性からの相談
独身で親族もいない。親しい友人もいない。今後のことを考えると不安でしかたがない。病院や施設に入ることになった時、保証人になってくれる人がいない。

 

回答

 

この女性は、今までのように元気でいられると思っていても、これからの人生への不安が大きくなり、何から準備をしたらいいかを相談に来られました。相談者は後見人を検討されていましたが、後見人は身元保証人にはなれません。身元保証を引き受ける会社・法人団体があり、そこと契約してもらうことになります。費用もかかるので、今から準備を進めることは良いことですね。ですが、これからのことと同時に今からでもお友達をつくって楽しく過ごすことも大事かと思います。

 
2018年11月号掲載
 

※相談内容及び回答を参考にされる際は、最新の情報をお確かめください。

 
相談事例引用元はこちら

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.08.21