【老後の悩み】特養に入所した父が、以前のようにデイサービスに通いたいと言っている。


前の記事
2021年9月16日
記事作成:他力本願ネット

次の記事

困った親子
 
人生に「老苦」はつきもの。老いと上手に向き合い、前向きに暮らしていきたいものです。今回は、老後の様々な悩み相談を受け付ける「京都府高齢者情報相談センター」の相談事例をご紹介します。
 

相談内容

 

60代、女性。
「79歳の父の事。要介護4で現在特養(特別養護老人ホーム)に入居中。車椅子の生活だが自己主張はちゃんとできる。在宅介護をすることがだんだん大変になり、特養に入居したが、本人はとても元気でデイサービスへ行きたいらしく、施設側からも「お父さんの環境を変えてあげるのも良いのではないか」と言われた。希望施設はサービス付き高齢者向け住宅だが、要介護4でも入居できるだろうか。

 

回答

 

要介護4でも意思疎通がちゃんとでき、またお父さんの希望として「デイサービスに通いたい」という気持ちがあるようなのであれば、有料老人ホームまたはサービス付き高齢者向け住宅で生活することは問題ないかと思います。
ただ今後のお父さんの状況や費用面等を考えることも必要なことです。有料老人ホームまたはサービス付き高齢者向け住宅は比較的費用がかかる場合が多いので、併せてより相性の良い新たな特養を探し、運よく部屋の枠が空いたらそちらに移るという方針でいくことも一案ですね。

 
2018年9月号掲載
 

※相談内容及び回答に基づいて行動に移される際には、最新の情報をお確かめください。

 
相談事例引用元はこちら

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.09.16