【老後の悩み】父母二人で入居できるような施設はあるか。


前の記事
2022年2月6日
記事作成:他力本願ネット

次の記事

イラスト:父母二人で入居できるような施設はあるか。
人生に「老苦」はつきもの。老いと上手に向き合い、前向きに暮らしていきたいものです。今回は、老後のさまざまな悩み相談を受け付ける「京都府高齢者情報相談センター※」の相談事例をご紹介します。
 

 

相談内容

 

60代の息子さんからの相談です。
93歳の父と89歳の母の二人暮らしだったが、父のほうが食欲が無くなり3か月間の予定で老人保健施設に入所した。ところが、今度は母が自宅で転倒して大腿骨を骨折して急きょ入院となってしまった。いずれは父も母も自宅に戻る予定だが、父母二人で暮らすには不安なので、二人で入居できるような施設はないだろうか。

 

回答

 

お父さんは認知症の症状は無く要介護3、お母さんは入院前は要支援2でしたが、今回の入院で介護度はもう少し重くなるかもしれません。しかし、お二人とも身の回りの事はご自身で出来るようですので、夫婦入居が可能なサービス付き高齢者向け住宅をいくつか紹介しました。
後日連絡があり、「夫婦二人で入居できるサービス付き高齢者向け住宅がみつかりました」とのことでした。施設に入所できれば、見守りが付いていますので息子さんにとっては安心です。お母さんにとっては買い物に行って食事の支度をしなければならない状況から解放されるのはとてもありがたい事ですね。

 
2015年9月号掲載
 

※相談内容及び回答に基づいて行動に移される際には、最新の情報をお確かめください。

 
相談事例引用元はこちら
 

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.02.06