目指すは、会話がはずむ賑やかな霊園|上野國光さん(日本石材産業協会副会長兼・㈱イオ代表取締役社長)インタビュー<後編>

目指すは、会話がはずむ賑やかな霊園|上野國光さん(日本石材産業協会副会長兼・㈱イオ代表取締役社長)インタビュー<後編>

 
お墓の専門家である日本石材産業協会副会長(兼・㈱イオ代表取締役社長)の上野國光(うえの・くにみつ)さんへのインタビュー。後編では、上野さんが副会長をつとめる日本石材産業のことをお聞きしつつ、お墓の現状や未来について教えていただきました。
 

 

消費者のために、誠実に。日本石材産業協会が行っていること

 
石を愛するコミュニティ、日本石材産業協会

(写真提供:上野さん)

 
――日本石材産業協会について教えてください。
 
上野 國光さん(以下:上野):もともと石材店の団体はたくさんあったのですが、加工だけの会社、輸入だけの会社など、ばらばらに存在していました。それらの団体を統合したものが日本石材産業協会です。石文化を創造して、発信していくことが目的の協会です。その結果として、石でお墓をつくってもらうという生業の部分にもつながると思います。
 
また、消費者保護も協会の目的のひとつです。実は、石材店は葬儀業界の二倍もクレームが多いのです。たとえば、国産と称して外国産を売るなど、不誠実な会社も紛れているため、協会で産地証明を付与しています。
 
そして、お墓について分からないことの相談窓口を受け付けています。また、お墓ディレクターという試験を行い、きちんと知識を持った人を育てています。その他、災害時にお墓が倒壊したときには重機を持って現場に駆けつけ、参道に散らばった墓石をよけてお寺にお参りできるようにしたりしています。石材店は変な人ばかりではないよ、と誠意をお伝えしているつもりです。
 

聞き役に徹するとお墓参りが増える?お墓を取り巻くいまとこれから

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.12.15