参拝の記念に、心のこもったイラストを。|参拝記念イラスト活動ー東京都法重寺

 
有名な観光地や施設では、訪れた記念のスタンプやポストカードが用意されていることも多いですよね。そうした記念品が訪れる目的となることもしばしばあります。昨今では、浄土真宗本願寺派のお寺でも参拝記念としてスタンプやイラストが展開されている事例が増えてきました。
 
今回取材させていただいた、東京都の法重寺では「参拝記念イラスト」なる活動をされているそう。(※現在は新型コロナウイルス感染症対策のため休止中)これは、いったいどういうものでしょうか?実際にイラストを描かれている、法重寺坊守の南條成美(なんじょう・なるみ)さんにお話を伺いました。
 

1枚1枚、心をこめて。

 

(画像提供:南條さん)

 
ーー法重寺さんでは、参拝記念イラストもされていますよね。これはどういった活動でしょうか?
 
南條成美さん(以下:成美さん):その名の通りですが、参拝していただいた記念として私がイラストを描かせていただいています。お持ちいただいた御朱印帳に描くこともありますし、最近はオリジナルで「ご縁帳」というものも作成し、そちらに描かせていただくこともあります。
 
ーーどんなイラストなのでしょうか?
 
成美さん:いつも描かせていただいているイラストはこちらです。コピックとポスカを使って、1枚1枚手書きしており、イラストを書きながら来院くださった方とお話ししています。
お話の中で、質問や悩みごと、世間話、御朱印の情報など……いろいろなお話を聞かせていただけるので、私はこの時間を一番大切だと感じています。
 

(画像提供:南條さん)

 
ーーどういったきっかけがあり、参拝記念イラストを始められたのでしょうか?
 
成美さん:昔からイラストを描くのが好きで、将来は漫画家になりたいと夢みていた時期もあったほどです。以前からSNSで描いた絵を発信していたのですが、ある御朱印コレクターの方が偶然私の絵を見て「ぜひ参拝記念イラストを描いてほしい」とご依頼いただいたのがきっかけでした。
 
ーー依頼がきっかけだったのですね。
 
成美さん:そうなんです。ご連絡いただいた方が、御朱印が好きな方々の中では有名なブロガーさんだったんです。私のイラストもそのブログに掲載していただけたことで、多くの方に来院、お問い合わせがくるようになりました。やはり、インターネットの広報力は凄まじく、多い時は1日に50枚ほど描かせていただいたこともあります。
 
ーー1日に50枚も!それは大変ですね。
 
成美さん:やはり、描ける枚数には限界があります。私自身、お寺に常駐しているわけでもなく、急な来院に対応出来ないこともしばしばありますね。
また、参拝記念ということで、ただイラストを描くだけではなく、参拝していただき1枚1枚手書きで描かせていただいておりますので、法事などを勤めている際は対応できないこともありました。なので、現在は完全予約制にさせていただいています。
また、お寺の電話回線がパンクしないよう、可能な限りメールでのご連絡をお願いしております。
 
ーーご活動における気付きを教えて下さい。
 
成美さん:参拝者の方とお話をしている時、浄土真宗のお寺はすごく立ち入りづらいというお声をいただきました。理由を尋ねると、お守りも御朱印もないので、なかなか参拝する理由がないとのことです。誰かが亡くならないと接点を持つことはないと思っておられる方も多く、浄土真宗のお寺が世間からどのように見られているのか、少し知ることができたように思います。
 
一方で、参拝された方の中にはおつとめを学んでみたい、浄土真宗のみ教えを学んでみたいという方もいらっしゃいます。法重寺では「はじめての浄土真宗 入門講座」という講座も開いており、参拝記念イラストがご縁となって講座に参加される方もいらっしゃいますね。
参拝記念イラストや御朱印を集めておられる方は、仏教に対する興味関心も高い傾向にあるのではないでしょうか。
 
ーー最後に、今後のご展望をお願いします。
 
成美さん:今後も参拝記念イラストの活動を続けられればと思います。また、子育てが一段落した頃に予約の枠も拡大できればと考えています。現在は新型コロナウイルス感染症の対策でやむを得ず休止させていただいておりますが、いずれ必ず再開したしますので、楽しみにしていただければと思います。
 
ーーありがとうございました。
 

法重寺について

 

法重寺 外観(画像提供:南條さん)

 

東京都中央区築地、築地本願寺のすぐ隣にある浄土真宗本願寺派の寺院。
南條則清(法名 釋 空了)が天正19(1591)年日本橋村松町の茅野を開拓して、坊舎を建てて村松山法重坊と号して創建、明暦の大火後、築地本願寺と共に当地へ移転。都会ならではのビル型寺院。

 

【寺院名】

浄土真宗本願寺派 村松山 法重寺
 

【住所】

〒104-0045 
東京都中央区築地3-17-10
 

【TEL】

03-3541-0947
 

【webサイト】

https://www.hojyuji.com/
 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.09.21