念仏の口が愚痴ゆうていた【インスタ法話】


前の記事
2021年11月2日
記事作成:他力本願ネット

次の記事



 
「念仏の口が愚痴ゆうていた」
 
//////////////////////////////////////////////////////////
 
これは、僧侶で俳人でもあった
住宅顕信(すみたく けんしん)の句です。
お念仏をお称えしていた口から、
次の瞬間には愚痴がこぼれていたのでしょう。
思わず苦笑している顕信の姿が
浮かんでくるようです。
 
お念仏の教えは、愚痴でもこぼさないと
やっていけない人のための教えです。
お念仏のひと声ひと声が、
「どんなときも私が一緒だよ」という
阿弥陀さまからの喚びかけなのです。
 
//////////////////////////////////////////////////////////
 
【愚痴】仏教の教えに無知なこと。現在では、言ってもはじまらないことをこぼすことを指す。

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.11.02