【9月21日は世界アルツハイマーデー】特集 アルツハイマーと向き合う人たち


 
9月21日。
国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)は、毎年この日を「世界アルツハイマーデー」と制定しています。
 
アルツハイマー病とは、いわゆる「認知症」の原因になる疾患のひとつです。
この日が制定されたのは、1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されたことに由来しています。
今回は、この「世界アルツハイマーデー」という日を機会に、他力本願ネットで取り上げたアルツハイマー(認知症)に向き合う記事をご紹介します。
参考:厚生労働省 世界アルツハイマーデー及び月間(令和2(2020)年度)
 
 
 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.09.21