震災の教訓が生んだシェアハウスから学ぶ、あるべきコミュニティの姿とは?|はっぴーの家ろっけん、首藤義敬さんインタビュー<後編>

震災の教訓が生んだシェアハウスから学ぶ、あるべきコミュニティの姿とは?

 
「はっぴーの家ろっけん」は、兵庫県神戸市の長田区にある介護サービスつきシェアハウス。そこでは、高齢者の方々がいろんな人に囲まれつつ日々を過ごしています。
前編では、そんな「はっぴーの家ろっけん」が立ち上がったきっかけや、入居者の方々が過ごす日常、そして中編では同施設で行われるお葬式について、代表の首藤 義敬(しゅとう・よしひろ)さんからお話を伺いました。
 
日常生活から弔いまで、生老病死を共にする「暮らしのコミュニティ」がとても豊かに、そして大切に築かれている「はっぴーの家ろっけん」。首藤さんはなぜ、そうしたコミュニティを大切にされているのでしょうか?その理由は、1995年に神戸を襲ったあの災害にありました。
 

 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.10.01