ゴールは「必要とされなくなること」?|NPO法人Life is Beautiful<後編>

目標は「私たちの活動がなくなること」

 
ーー最後に、Life is Beautifulさんの今後の展望を教えていただけませんか?
 
山下:今後もさまざまなイベントや情報発信をやっていきたいと思っています。研修事業や「そもそもチャンネル」といった活動も、もっと関わる人が増えれば良いですね。僧侶とも連携ができるかもしれませんし、お寺でできることがあるかもしれません。
 
鬱陶しく感じられるかもしれないけど、もっと地域の方々が備えられるように、「ちょっとしたお節介」が出来れば良いなと思います。
イベントのような活気に満ちた取り組みをしつつ、地道だけど地域の方々に寄り添う取り組みも積極的に行っていきたいですね。
 
言ってしまえば、将来僕らが高齢者になった時に住みやすい環境を作っていきたいんです。40年後、僕たちが歳を重ねた時に、この活動をやってよかったと思いたいですよね。
 
そんな社会が実現した時、もしかしたら僕たちの活動は必要とされなくなっているかもしれません。でもそれがLife is Beautifulの最終目標と言えるかもしれませんね。
 

編集後記

 
「誰かの人生を変える」。このように聞くと、ものすごく大事のように聞こえますが、誰かと出会うだけでも人生は大きく変化するのかもしれません。
“Life is Beautiful“という美しい名前の裏には、地域のために地道にこつこつと活動する山下さん、小林さんの姿がありました。
 

プロフィール

 

山下和典(やました・かずのり)
 
職種:作業療法士
現職
NPO法人 Life is Beautiful 理事長
メディケアリハビリ訪問看護ステーション 京都
 
京都の長岡京市で生まれ、京都府立の支援学校の講師をしながら社会福祉学科の大学院に所属していた。そのときに、恩師から作業療法士になることをアドバイスされ志す。作業療法士の資格取得後、病院勤務や各施設などを経験して現在は、訪問看護ステーションからの訪問リハビリを実施している。NPO法人Life is Beautifulを設立し、他にも合同会社LiBsaのCMO,COO、NPO法人バーチャルフォトウオークの理事などを兼務している。医療ケアだけでなく、地域との関わりを含めた活動を実施している。

 

小林 篤史(こばやし・あつし)
 
職種:薬剤師
現職
NPO法人 Life is Beautiful 副理事長
ゆう薬局グループ 取締役
 
京都の下京区で生まれ、東山高校を卒業し薬剤師になることを志し福岡県の第一薬科大学に入学。2002年に薬剤師国家試験に合格し北九州市にある 戸畑共立病院 薬剤部に勤務。2年の病院勤務を経て帰省し、京都にあるゆう薬局グループに入職。その後、京都府の南丹市・亀岡市を中心に地域医療に関わり、現在は京都市で在宅医療を広げる活動を行っている。また、2015年に 岐阜薬科大学大学院 薬学研究科 博士課程へ入学し、2020年3月に 博士(薬学)を取得。地域における薬学教育について研究活動に取り組む。
   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.11.25