「学歴コンプレックスで同窓会が憂鬱です。」【みんなの人生僧談】

 

本日の人生僧談

 

30代男性からの相談
「学歴コンプレックスで同窓会が憂鬱です。」
 
東大受験に失敗、浪人してもだめだったので滑り止めの某私大に入りました。再受験を志すモチベーションも続かず、切り替えて就職活動に専念しました。なんとか一部上場の企業に入社したのですが、やはり重要なポストにいる東大出の上司や同僚を見ると、複雑です。
先日、高校の同窓会の案内が来たのですが、進学校なため、参加するとまた同級生にコンプレックスを感じてしまいそうで、憂鬱です。どうしたらよいでしょうか?

 
愛:うーん、母校に誇りをもてないのはかわいそうですね。
 
コ:「一部上場」とか、ブランド好きみたいだね。社会的な目線を常に気にしてるような。この人が、もし順調に東大出て、一部上場行ってたら嫌味な奴になっちゃうよね。自分を振り返る機会が無いだろうから。
 
愛:それでも特定の価値観にはまってしまうことはあると思いますよ。僕も高校時代剣道に励んでた頃、剣道の強い大学が偉いという風にちょっと偏った見方をしてましたし。
 
お:上場企業の人の価値観がそこまで学歴偏重なのか知らないけど、それならそれで「あいつは東大じゃないのにやるな」と思わせられるチャンスがあるとは考えられないかな。
 
コ:この人の場合どうせなら、劣等感よりは誇大妄想をもって頑張ったほうがいい。どちらもエゴなんだけど。東大は視野が狭いなーなどと、どんと構えてみるとか。
 
愛:まあ、現時点で一番視野が狭いのは相談者さんだと思うんですけどね。
 
お:その狭い視野とコンプレックスを同窓会で叱り飛ばしてもらえればいいけど、いまそれだけ憂鬱なら無理に出席することはないでしょ。一回欠席したら除名されるわけじゃなし。
 
コ:代わりに学閥を気にしない人と飲み会してみたら?学閥に関係なく出世してる人もいるはずだし、生き方が尊敬できる他人を探してみる!
 
愛:自分では簡単に考え方を変えられないだろうけど、違った価値観を持つ人の影響を受けたり、いまの自分を肯定してもらえたら変わっていくかもしれませんね。
 
お:「東大卒こそ至上」みたいな価値観は絶対的なものじゃないと見るのが仏教の基本。すぐに納得できなくても、まずはそのことを知ってもらいたいなと。
 

まとめ

 
学歴や地位よりも、問われているのは生き方。学歴コンプレックスに凝り固まったあなたの価値観を揺さぶってくれるような、尊敬できる他人を探してみよう。
 

本日の僧侶プロフィール

 

コンサル僧侶

10年間、企業コンサルタントとして活躍するが、自身の人生を改めて振り返った時に、利益至上主義の生き方に限界を感じ、一念発起。僧侶となる。
 

おひとり僧侶

幼少時よりひとり遊びを好む。人それぞれの性格の違いを問題にせず包み込んでくれる仏の教えにであったことによって、その傾向をこじらせ気味。
 

愛犬恐妻僧侶

友人を事故で亡くしたことで仏教に関心をもち、僧侶となる。最近子犬を飼い始め、趣味が飲酒から散歩に変わる。肉食系の妻をもつ。
 
 

みんなの人生僧談とは?

「みんなの人生僧談」では、様々な経歴を持つ僧侶たちが、世の中のよくある悩みを勝手にテーマにして座談会形式で自由に話しあいます。

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2013.02.27