「死んだらどうなるの?」恐怖と孤独に向き合った久保光雲さんが仏教に出会うまで。|久保光雲さんインタビュー<前編>

久保光雲さん(写真はすべて久保さん提供)

 
日本から遠く離れたブラジルの地で、浄土真宗のみ教えを伝える女性僧侶がいらっしゃいます。ブラジルのノロエステ本願寺で開教使(アメリカ、カナダ、ブラジルなど日本国外の寺院・仏教会において、国際伝道活動に携わっている僧侶)として活動されている、久保 光雲(くぼ・こううん)さんです。
 
実は久保さん、お寺の生まれではないそう。そんな久保さんは、どうして僧侶となり、そしてブラジルで活動をしているのでしょうか?そこには、久保さんがこれまでの人生で出会った数々のご縁がありました。
 
今回は、そんな数々のご縁を聞かせていただく全3回のインタビュー。前編は、久保さんが幼少期から抱いていた「死んだらどうなるの?」という疑問、そこから仏教に出会うまでのお話です。
 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.07.10