お寺の子、「ジョビジョバ」になって僧侶になる|木下明水さんインタビュー<前編>

お寺の子、「ジョビジョバ」になって僧侶になる|木下明水さんインタビュー<前編>

(写真提供:木下さん)

 
「嬉しくもあれば堅苦しくもありました。もう少しのびのびやりたかったですね」
 
東京にある数々の劇場で動員記録を塗り替え、いまも活動を続けるコントグループ「ジョビジョバ」。そのメンバーの1人である木下 明水(きのした・めいすい)さんは、同時に浄土真宗本願寺派の僧侶として活動を続けています。
「お寺の子」として生まれ、その境遇の「堅苦しさ」に苦しんだという木下さん。前編となる本記事では、その生い立ちと、僧侶として生きる決心をするまでのいきさつを伺いました。
 

「お寺の子」としての幼少期

 

(写真提供:木下さん)

 
――木下さんはどんな子ども時代を過ごされましたか?
 
木下明水さん(以下:木下):熊本県にあるお寺に生まれたんですが、幼いころから後を継ぐように言われていまして。幼稚園のお楽しみ会でも「将来住職になりたい」って言わされたおぼえがあります。
 
ぼーっとした子どもで、学校の先生からも「とらえどころが無い」なんて言われていたようです。でも、その年頃から、なんで私だけ未来が決まっているんだろうな、という思いはありました。
 
――「お寺の子」としての振る舞いを求められていたんですね。
 
木下:「お寺の子」だから悪さも出来なくて。近所のひと皆が自分のことを知っていて、それが嬉しくもあれば堅苦しくもありました。もう少しのびのびやりたかったですね。
 
中高は受験して、お寺から離れたところに進学したんですよ。そこから結構好き勝手にやるようになりましたね。特に寮生活だった高校時代は、周りの人が色んな夢を大いに語っていたので、それに触発されて「自分もお寺を継がない方が良いんじゃないかな」と。母は「寮に入れたのは失敗だった」と言っていましたね。
 
――木下さんのお寺を出ようという思いはこのころに固まった、ということでしょうか。
 
木下:そうですね。「どうにかして出てやる」、そう思っていて、そのために東京の大学に行こうと考えていました。
 

言いたいことも言えなかった自分を変えた「ジョビジョバ」

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.12.20