古寺を訪ねる会~清涼寺~

嵐山駅から北に上がって、清涼寺を訪れました。

 

あい :  「広いですね。」

あじゅ:  「そやね。活動でお寺に行くたびに思うけど、天皇とか将軍家所縁のお寺って段違いに広いことあるよね。」

あい :  「権力者ですしね。」

 

あじゅ:  「なんか、法要してるけど入っていいんかな?」

あい :  「そーっと行きましょう。」

 

あい :  「静かで良いですね。」

あじゅ:  「紅葉もまだ綺麗に残ってるし、人もあまり居ないし。来て良かったね。」

 

 

あい :  「先輩、先輩!!ちょっと来てください!!」

あじゅ:  「どうしたの?」

あい :  「クリスタル仏陀がいます!!」

あじゅ:  「…えっ!?あっ、本当にある!!」

あい :  「なんか、クリスタルひ○しくんを思い出しますね。」

あじゅ:  「買って、皆でクイズしようか(笑)?」

※清涼寺ではお札やお守りと一緒にクリスタルの中に、仏陀が彫られているものが売られていました。

 

あじゅ:  「そういえば、このお寺は秀頼の首塚と、小野篁の生の六道があって、源氏物語のモデルかもしれんって言われてる源融所縁があったりするから、個人的に凄いテンション上がるんよね。」

あい :  「…先輩、たまにとても不思議ですよね。」

あじゅ:  「否定できない。」

 

 

【あじゅ】

清涼寺は以前から興味があったのですが、今回は三千佛名礼拝会や釈尊命日と重なっていたので、行くことができて良かったです。宝物などが有り、見応えがありました。境内はとても広かったのですが、1つ1つの建物に由緒があり、圧倒されました。

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2014.06.03