エネルギーと幸せの問題を考えてみる|地球環境戦略研究機関インタビュー③<後編>

エネルギーと幸せの問題を考えてみる
地球環境戦略研究機関インタビュー③<後編>

(写真:写真AC)

 
インターネットで検索してみると、「限りある資源」という言葉が社会に登場するようになって、少なくとも半世紀以上が経っています。しかしこうした概念が当たり前になってなお、世界全体の使用エネルギー総量は増え続けているようです。
人間が「幸せ」になるためには、いったいどれほどのエネルギーが必要なのでしょうか。
また、こうした問題に対して、寺院にはいったい何ができるのでしょうか。
 
環境問題に関して日本政府や多くの自治体、国際会議などに提言を行っている研究機関である「公益財団法人地球環境戦略研究機関」、通称IGES(アイジェス)の田中勇伍(たなか・ゆうご)さん、栗山昭久(くりやま・あきひさ)さんよりお話を伺いました。
 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.11.07