開発[かいはつ]

開発[かいはつ]…仏教では「カイホツ」

 

国土開発・電力開発・産業開発・技術開発などと使われているように、

開発とは、山地などを切り開いて、天然資源をとり出し、産業をおこして、

生活に役立つようにすることや、知識をひらき導くことを意味している日常語です。

 

教育界では、生徒の自発的な学習をうながすような教育方法を指しています。

その開発が仏教語なのです。 仏教では「カイホツ」と読み、

他人を悟らせること、自らの仏性(ぶっしょう)をうち開くことをいいます。

人間にはだれでも、仏性といって仏になる可能性(タネ)が秘められているとされています。

それを開き、明らかにすることをいうのです。

 

人間の心の内を「カイホツ」する仏教語が、

天然資源などを「カイハツ」する日常語となって、一般化していきました。

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

掲載日: 2013.04.22