善哉[ぜんざい]

善哉[ぜんざい]…小説「夫婦善哉」は大阪が舞台

 

ぜんざいは、関西ではつぶしあんのしるこで、

関東ではもちに濃いあんをかけたものをいいます。

いずれにしても、甘い食べ物であることは、誰でも知っています。

 

善哉はもともと、ほめたたえる語でした。

サンスクリット語「サードゥ」の訳で、

善きかな、すばらしい、そのとおりだという意味です。

 

古代インドでは、ことを議するときに賛意を表す言葉だったそうですが、

今でも一般の会話に用いられているとのことです。

お釈迦さまも、弟子の意見に賛意と称賛の意をこめて、よく使われています。

 

この言葉が、なぜ食べ物の名前になったのかはよくわかりませんが、

一休禅師(いっきゅうぜんじ)【※】がぜんざいを賞味して、

「善(よ)き哉(かな)」といわれたので、

善哉となったという伝説もあるとのことです。

ぜんざいを食べるときには、心してその味を賞味ください。

 

 

【※一休(いっきゅう)】 (1394-1481)

室町中期の臨済宗の僧。名を宗純。

後小松天皇の皇子とも伝えられ、6歳で出家。

滋賀県堅田の華叟宗曇(かそうそうどん)に印可を受け、

師の没後はもっぱら諸方に遊化。

晩年、大徳寺の48世を継ぎ、禅の大衆化に努めた。

書画、詩偈、道歌をよくし、奇行が多かった。

 

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

掲載日: 2013.03.01