大丈夫[だいじょうぶ]

大丈夫[だいじょうぶ]…「間違いない」から大丈夫

 

「あの人にまかせておけば大丈夫です。心配ありませんよ」

というように、大丈夫とは、間違いない、あぶなげない、

非常にしっかりしている様子を意味しています。

 

もともと、大丈夫は人のことを指しています。

丈夫、つまり、ますらお、男子をほめていう言葉ですから、

偉大な人、りっぱな人、しっかりした人のことをいいました。

この言葉が仏教に取り入れられました。

 

「仏」を意味する十種の呼び名(仏の十号)の中に、

「調御丈夫(じょうごじょうぶ)」というのがあり、

また、『華厳経(けごんきょう)』【※】に、

「もし諸の菩薩(ぼさつ)この法に安住すれば即ち大丈夫の名号(みょうごう)を得ん」

とあります。

 

このような人は、たよりがいがあり、間違いもないところから、

いまのように用いられるようになったのですね。

しかし、ほんとうの意味で大丈夫なのは、やっぱり仏さまですね。

 

【※華厳経(けごんきょう)】

詳しくは『大方広仏華厳経』といい、大乗経典の一つ。

漢訳には八十巻本・六十巻本・四十巻本の三種があり、華厳宗の根本聖典。

釈迦が成道の直後に自ら悟った内容をそのまま示し、その悟りにいたる段階を説き、

精神の深まりを説く経典で、全世界を毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)の 顕現であるとする。

 

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————