玄関[げんかん]

玄関[げんかん]…玄妙な道に入る関門

家の正面の入り口を玄関と呼んでいます。表入口という意味なのでしょう。見栄を張って外観だけを豪勢にみせようとすることを「玄関を張る」といい、面会させないで客を帰らせることを「玄関ばらい」といいます。  この玄関が仏教語なのです。本来は建物の名前ではなく、玄妙な道に入る関門という意味で、奥深い教えに入る手始め、いとぐちを指していました。「仏門に入る」などがそれです。  この仏教語が建物の名前となり、禅寺の客殿に入る入り口を指すようになりました。  やがて、室町時代から桃山時代にかけて盛んになった書院造りに、その形式がとり入れられましたが、まだ庶民住宅には造ることを許されていませんでした。  江戸時代になって、民家や一般の建物にも広まり、明治以降は現在のように、正面入り口を呼ぶようになりました。