冗談[じょうだん]の意味とは?【くらしの仏教語豆事典】


前の記事
2013年9月2日
記事作成:他力本願ネット

次の記事

冗談[じょうだん]

・・・仏道修行には無用

 
「あの人は、よく冗談をとばすよ」とか、「冗談はよしてください」とか「彼は冗談が通じないから困る」などという言葉は、一般に、ふざけた語、滑稽(こっけい)な言葉、あるいは、ユーモアのある会話などの意味に使われています。
「冗談半分」というと、まじめな話とおどけた話が、半ば入りまじっているのでしょう。
「瓢箪(ひょうたん)から駒が出る」をもじって「冗談から駒が出る」という諺(ことわざ)や、「冗談からしばしば真面目(まじめ)が生まれる」というドイツの諺もあります。
仏教では、仏道修行中、それに関係ない無用な対話を、冗談と呼んでいます。「冗」とは、むだ、不要、あまっているという意味ですから無駄話という意味なのでしょう。
それが、やがて、仏道修行以外の場でも用いられるようになり、現在のような日常語になっていったようです。
 

 
 
 
「くらしの仏教語豆事典」より転載
(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2013.09.02