退屈[たいくつ]

退屈[たいくつ]…修行苦に屈して心が退くこと

 

退屈といえば、

何もすることがなく、

ひまをもてあますことを意味する言葉として、
日常よく使われています。

 

あくびの一つも出そうな情景です。

退屈しのぎという言葉もあります。
しかし、退屈は、もともと仏教語で、

仏道修行の苦しさや難しさに屈して、

仏道を求める心が退き、

精進(しょうじん)努力する心を失うことを意味しました。

 
菩薩(ぼさつ)の修行中にも、

退屈に遭遇する場合(三退屈)があります。

 

1.悟りを求めるのは広大深遠であると聞いて起こす退屈
2.布施(ふせ)の万行はきわめて修し難いと聞いて起こす退屈
3.悟りの妙果は証し難いと聞いて起こす退屈で、

 

これらを対治(たいじ)するのを三練磨(れんま)といいます。
そこからくたびれて気力がおとろえること、

畏縮(いしゅく)すること、

困りはてることなどの意味になり、

 

さらに転じて、

 

倦怠の意となり、ひまをもてあますことになりました。
説明がややこしくて、退屈しましたか。

 

 

——————————————————————————-

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

 

http://hongwanji-shuppan.com/item/detail.html?icd=978-4-89416-124-5

 

掲載日: 2012.12.17