現代の僧侶に求めるものとは|せいざん株式会社インタビュー⑤

宗教者やせいざん株式会社の事業、それぞれが果たす役割や、関係性についてお話を伺った前回。最終回の今回は、せいざん株式会社でのお墓に関する事業、池邊さんと岩田さんが「絶対にやらないと決めていること」について、お二人が僧侶に対して「こうあってほしい」と望む姿などについてお伺いする

 

 


 
かつて運営していた墓地霊園紹介事業について

 
 
ーー前回は、実相寺さまの納骨堂に関する業務を請け負っているというお話を伺いました。せいざん株式会社では、以前から、広くお墓に関する相談に応えてこられたんですよね。

 

池邊:そうですね。葬儀のお手伝いをしますと、流れでお墓に関する相談もしていただくことが多かったんです。

 

なので、独自に石屋さんに情報をいただいたりしながら、データベース化してご紹介していたんですけど、これはもう契約者さまだけではなく、全ての方に公開した方が良いのでは?という話になりまして、いわゆるお墓霊園検索サイトというものを立ち上げました。

 

当時は他にこういうサービスはなかったと思います。今でいうと「いいお墓」さんがやっておられるような。

 

 

ーー新たにお墓を建てようと思っても、なかなか詳細な情報って手に入りにくいですもんね。

 

池邊:そうなんですよね。そのサイト運営もしていくうちに、お寺さんの方からも、納骨堂や永代供養墓についてのお話をいただくようになりました。実相寺さんのように、檀家さん以外の人にもお墓を開いていきたい、という思いを持たれているお寺さんからの問い合わせが多かったですね。

 

 

ーーこれも、お墓を探している人と、お墓を提供したい人とのマッチングができますね。

 

池邊:はい。出会いの機会を創出するのが、私たちの事業のメインですからね。

 

ーー納骨堂や霊園って、良い条件というのはあるんですか? どういう基準で選ばれたのかなと思いまして。

 

池邊:なかには、実際に行ってみると、そもそも売り地がないのに販売の情報を出しているようなところも当時はあったので、当たり前ですがまずはちゃんと購入できるということ。

 

霊園の掃除がきちんとされているかどうか。

 

あとは、運営母体がどういうところか、どういうお寺さんか、ということはよく確認します。どんな、アフターケアをしてくださるのかどうかとか。

 

 

ーーアフターケアとは?

 

池邊:お墓の建設後に、少し壊れてしまった場合にきちんと対応していただけるか、などですね。2011年以降は地震保険なんかも出てきていますけどね。

 

あとは、営業の方が最後まで付き合ってくださるかどうか。建墓の現場にも立ち会って、きちんと説明や対応をしてくださるような方かどうかということも確認します。

 

お墓を建てて、終わりでなく、また同じお墓に納骨するということになれば、名板彫ったりしてもらわないといけないし、そのあたりがスムーズかどうかも大切ですよね。

 

c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0010

 

ーーお寺がされている、納骨堂や永代供養墓も見られているんですか?

 

池邊:はい。その場合もお寺さまにお伺いして、お話をさせていただきます。納骨堂を拝見して、永代供養墓もされていれば、そちらも拝見します。あとは、どういう思いでこの納骨堂や永代供養墓を設置されたのか、なぜ檀家さん以外にも開いていこうと思われたのか、考えをお聞かせいただいて、掲載をさせていただいています。

 

 

ーーどれくらいの数が掲載されていたんですか?

 

池邊:今は60くらいでしょうか。関西関東合わせて60くらいのお寺さんが載っています。

 

 

ーーご紹介するときは、なにか基準のようなものはありましたか?

 

池邊:基本的にはヒアリングのなかでご本人の希望をできるだけ抽出して、ということになります。ただ、やはり通える範囲内であることはおすすめしていました。ご供養が続かないと意味がないので。
 
岩田:あとは、見学に来られる方が「私は無宗教ですからどの宗派でも良いです」とおっしゃっていても、例えばおじいさんやおばあさんが熱心にお寺に通われていたりすると、違う宗派にするとのちのちトラブルになりやすいんです。そのあたりは気をつけていました。

 

 

ーー丁寧にヒアリングを重ねるからこそ避けられるトラブルもありますね。

 

池邊:そうですね。基本的に、情報が不足してる状態での契約や、いっぺんに無理やり決めてしまうようなことはしないようにしていました。

 

いざお墓が建ったあとにトラブルになると、みんなが嫌な思いをしますしね。ご供養の妨げにもなりうる。そのあたりの配慮は必要でしたね。

 

 

絶対的なルール「〇〇に手をつけない」「会社を〇〇しない」

 

ーー利益は少なくても、人のためになるような事業をずっと続けてこられたお二人ですが、なにかルールのようなものはありますか?

 

池邊:そうですね……岩田と私、役員の決め事が2つあるんです。ひとつは「お布施には絶対手をつけない」ことです。

 

 

ーー池邊さんたちの契約によって新たに法要が生まれたからといって、そこからはお金をいただかないということですか?

 

池邊:はい、一切。

 

岩田:一切。それはもう昔の事業のときから一貫しています。

 

c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0003

 

池邊:お布施の本来の意味を考えると。ご仏前にお供えされるもの、そのために僧侶に託されるものだっていうのは知っていますので、その上で手をつけることはできません。鉄則ですね。

 

 

ーーなるほど。もうひとつは何でしょう?

 

池邊:「会社を大きくしない」ということです。これまでお話した通り、私たちの事業というのは、短くはない期間続いていく供養に携わっています。ということは、寺院が続く限り私たちも墓守をする責任を負っているということなんです。

 

会社を大きくすること=リスクだと私は思っています。私たちの会社は、リスクを取って大規模化するよりも、たとえ小さくても、少額の利益をあげながら100年続けることの方が大切なんです。会社規模の拡大ではなく、価値ある事業の推進を重要視して成長していきます。
 
 

 

 

ーー持続可能な状態にあることが一番の優先事項である、ということですね。

 

池邊:はい。持続させることが、なにより私たちの大命題です。続けていくために多少の規模拡大はあったとしても、上場を目的とした事業拡大は考えていません。

 

納骨堂運営事業には売上という意味では限りがあります。それは最初からわかっていることなので、売り上げが上がらなくなっても、他事業で売り上げを立てながら、一人は必ず墓守を置けるようにと考えています。そのためのチャレンジならいくらでもします。

 

 

ーーすばらしいですね。もうお寺そのもののような……。

 

池邊:いえいえいえ。

 

 

ーー後継者のいないお寺のお手伝いにも入ってもらいたいぐらいです。

 

岩田:僧侶の方のなかには、お寺だけでは食べていけなくて、働きに出ていらっしゃる方も多いですよね。そういう方のお手伝いとかはできれば良いなとは思います。

 

まだまだうちも小さい会社なのですが、できればなにかお力になれたら良いなとは考えています。

 

c6b60ccd34f1d3d8c42fc9c447f88502e_4620693218522206633_190913_0009

 

現代の僧侶に、「こうあってほしい」と思う姿

 

ーー最後にお聞きしたいのですが、宗教者との接点も多いお二人から見て、現代の僧侶の役割は何だと思われますか?

 

岩田:まずお寺さんは場所がありますよね。それはとても大きなことだと思います。そこが駆け込み寺じゃないですけど、なにか困った人を受け入れるような立ち位置であってほしいとは思いますね。

 

池邊:お寺さまがお忙しいのは承知しているつもりなので、できる範囲で、ということですが、何か困りごとを抱えて来られた方のお話を全て聞くのは難しくても、「あそこなら解決してくれるかもしれないですよ」とか「これをやってみたら?」とか、提案できる情報を持っておいていただくだけでかなり違います。

 

 

ーー地域の困りごとのハブみたいな役割ですね。

 

池邊:そうですね。「どこどこで、こんな取り組みをしているから行ってみて」とか「市役所の〇〇さんなら、そのことについて詳しいよ!」とか。どこに行けば良いかわからずに行き詰まっている人に対して、風通しを良くしてあげるようなことができると思うんです。

 

 

ーーなるほど。

 

池邊:否定されないだけで気持ちが少し楽になる、という人もいます。「あの人は話を聞いてくれる」「変な顔をされない」というだけのことが、なかなか得られない社会ですから。

 

無理やりに「わかるよ」なんて言ってくれなくても、「うん、うん」と聞いてくれるだけで良いので。そんな風に僧侶の方には、世間に通ずる「聖人」であってほしいという気持ちがあります。

 

 

ーー世間に通ずる聖人ですか。

 

池邊:はい。世の中のことに通じているけれども、どっぷりははまり込んでいない、そういう存在でいてほしいなと思います。

 

ーー

 

膨大な数の葬儀やお墓に関する相談をひとつひとつ丁寧に受け続けたお二人からみた僧侶のあらまほしき姿。自分はどれくらいその期待に応えられるだろうか、と身が引き締まるインタビューでした。

 

 

 
 
<関連記事>
●無縁社会におけるお寺の可能性|星野 哲さんインタビュー②
●僧職図鑑06ー渡邊和憲(わたなべかずのり)ー《後編》
●出張グチコレ@「東日本⇔京都交流・相談会~知りたい、聞きたい、考えたい、これからのこと。~」(第80回)その2
●「いのちのつながり」について考える絵本
●新 写京プロジェクト No.11
●僧職図鑑03ー金澤豊(かなざわゆたか)&安部智海(あべちかい)ー《前編》

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2019.10.24