縁起[えんぎ]

縁起[えんぎ]…球根だけでは花は咲かない

 

チューリップの花は、その球根から咲きます。

球根が原因[因]で花は結果[果]です。

しかし、球根だけでは花は咲かず、

温度・土質・水分・肥料・日光・人間の細心の手入れなど、

さまざまな条件[縁]が球根にはたらいて花は咲くのです。

 

このように、すべてのものには、必ずそれを生んだ因と縁とがあり、

それを因縁生起(いんねんしょうき)=縁起というのです。

現実には、因と縁と果とが複雑に関係しあい影響しあって、

もちつもたれつの状態をつくっています。

 

『阿含経(あごんきょう)』【※】に

「これある故(ゆえ)にかれあり、これ起こる故(ゆえ)にかれ起こる、

これ無き故(ゆえ)にかれ無く、これ滅する故(ゆえ)にかれ滅す」とあります。

 

日常、よく「縁起が良い・悪い」という言葉を聞きます。

吉凶のきざしという意味なのでしょうが、

本来は、他の多くのものの力、恵み、お蔭(かげ)を受けて、

私たちは生かされているという、仏教の基本的な教えなのです。

 

 

【※阿含経(あごんきょう)】

原始仏教の経典。阿含はサンスクリット語「アーガマ」の音写で、

「伝承された教説」の意。釈迦直説とみなされた経典を多く含んだ経蔵のことである。

漢訳では長・中・雑・増一の四阿含がある。また、パーリ語では「ニカーヤ」といい、

長・中・相応・増支・小の五部がある。

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

 

掲載日: 2013.02.15