自己中心的な交友から離れる【釈尊のことば】

自己中心的な交友から離れる【釈尊のことば】

 

釈尊の言葉㉕ーー本願寺派総合研究所所長 丘山 願海
(本願寺新報 2015年(平成27年)12月20日(日)号より)

 

今の人びとは、自分の利益のために交わりを結び、他人に仕える。今日、利益を求めない友は得がたい。自分の利益のみを求める人は、汚らわしい。犀(さい)の角のようにただ独り歩め。 (スッタニパータ 75 偈)

 
愛(いと)おしい人たちともいずれは別れなくてはならない「愛別離苦(あいべつりく)」、社会的に生きていく場合に嫌でも一 緒に会わざるをえない「怨憎会苦(おんぞうえく)」と、釈尊は人間関係とは、とかく人生の苦しみをもたらすものと語られました。ここでは表現は異なりますが、やはり人 間関係の難しさを語られることに、驚かされます。
 
この偈(げ)に出てくる「利益」を少し広い意味にとって考えてみましょう。人は肉親をも含めて自分以外の他人に接するとき、相手に対してなにか期待をもってしまうのではないでしょうか?
この人はこういう人に違いない、という勝手な思い込み。そして実際にその人が期待通りでないと、がっかりしたりします。ひどい場合には、自分の打算で友人関係を保つことさえあるのではないでしょうか?
 
このような現実を直視し、釈尊は親子の関係を含め、すべての世俗的な人間関係は苦しみをもたらすものとしてその一切を捨て、6年間の厳しい修行を重ね、目指していた解脱(げだつ)、つまり一切の苦しみからの解放を体現し、涅槃(ねはん)という煩悩の炎が吹き消された境地に達したのです。そして、弟子たちにも、この偈のように「ただ独り歩みなさい」と説かれたのです。
 
確かに、私たちが自分の利益本位に、自分中心に ものごとを考え執着する限り、人間関係は苦をもたらすものでしょう。人間同士だけでなく、民族や国 家同士も、自分の利益ばかりを考えずに、時には相手の立場に立って、考えてみたらどうでしょう?
 

*ーーーーーーーーー*

 
『本願寺新報』の情報はこちら
 
◆本願寺新報 概要説明
毎月3回(1日・10日・20日)発行
但し、1月1日号は「新年特集号」、8月1日号は「お盆特集号」として発行。
また、7月10日号・12月10日号は休刊。
 
発刊以来120余年の歴史を持つ「本願寺新報」は門信徒の方々の新聞です。
宗門の動き、社会問題、やさしい法話、童話のページなど新しい情報が紙面いっぱい。
1面と最終面はカラー写真を豊富に使ったカラフルな紙面づくりを行っています。
一家に一紙、ご購読をお勧めします。
 
※同じ号を一括して多部数お申し込みいただいた場合には、部数割引。
※ご購読継続の案内は終了月の45日前。
 
※写真はイメージです

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2021.07.03