保護猫ぽぽは、他の猫と暮らせない|譲渡会の動物レポート#24

 
名前:ぽぽ
性別:メス
年齢:シニア
 
餌場で輪に入れず、ご飯を食べていない様子を心配して保護されました。
ですが、ぽぽはその後の検査で猫エイズウィルス(FIV)のキャリアであることが判明し、他の猫への感染をさけるために、隔離されての保護となりました。
猫エイズウィルス(FIV)は、人には感染しませんが、ケンカを介して他の猫へと感染する病気です。彼女は他の猫と一緒に暮らすことはできません。
いまでは人にもすっかり馴れて、おじさんにだっこされると喜ぶぽぽ。
今日も彼女を迎えてくれる家族とのご縁を待っています。
 
京都市の一念寺さんで行なわれている保護動物譲渡会「いぬとねこ」。レポートの番外編として、譲渡会でご縁を待つ/ご縁のあった保護動物たちの写真をお届けしています。かわいい動物たちの写真を通して「いのち」を考えるきっかけになれば。
 

 
今後、こうした動物たちをとりまく現状について、一念寺譲渡会に限らずさまざまな情報をお届けいたします。
 
本記事に対するお問い合わせはこちら
アトリエイエネコ
http://atorieieneko.com/

掲載日: 2021.06.16