有頂天[うちょうてん]

有頂天[うちょうてん]…迷いの世界のてっぺん

 

得意の絶頂になっていることを「有頂天になっている」といいます。

喜びに夢中になって、他をかえりみない状態のことをいうのでしょう。

 

仏教では、迷いの世界を六つに分けて六道(ろくどう)【※】と呼び、

その一番高いところが「天」の世界です。

この天の世界もいくつかの段階に分かれていて、それぞれに名前がついています。

三界二十八天というのだそうです。

その天の世界の中で、頂上に位置する天を、

悲想非非想処天(ひそうひひそうじょてん)といい、

あらゆる存在者にとって最高の境地なのです。だから、この天は、存在者、

つまり有の頂上にある天という意味で、有頂天と呼ばれています。

 

「有頂天に上(のぼ)りつめる」という意味から「有頂天になる」となったそうですが、

有の最高の天とはいっても、まだ悟りの世界ではないので、

あまり得意になっているとすべり落ちてしまいますぞ。

 

 

【※六道(ろくどう)】

衆生が自分の行為の結果によって、趣き往く六種の迷いの境界をいう。

地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人、天の世界のこと。

「六道輪廻」とは、この六道の間を生まれかわり死にかわりして

迷いの生を生き続けること。仏教はこの迷いの世界からいかにして脱するかを説く。

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

掲載日: 2013.04.30