アジアを巡りカンボジアにたどり着いた僧侶の話│安武義修さんインタビュー<前編>

安武義修さん(写真提供:安武さん)

 
福岡県福岡市に吉塚市場という商店街があります。かつては賑わった吉塚市場ですが、高齢化が進み後継者がいなくなり、30店舗まで減少しました。そんな吉塚市場の復活に携わった僧侶がいます。今回インタビューさせていただいたのは安武義修(やすたけ・よしのぶ)さん。
なぜ安武さんがお寺の住職として地域に関わるに至ったのか、そのルーツをうかがいました。
 
 
――はじめに、簡単な自己紹介をお願いします。
 
安武義修さん(以下 安武):福岡県西林寺の住職、安武義修と言います。
前住職である父が剣道の先生だった影響で、剣道一筋の学生時代を過ごしました。高校ではあまり良い結果が出せず、「安武先生の息子なのにお前は」と怒られる日々でした。結局高校時代はレギュラーになれることなく卒業し、それが悔しくて大学では高校以上に稽古に励みました。また、周りの意識も高校の頃より高く、私もその環境についていこうと必死にしがみつきました。
 
その成果が実り、大学2年生の時、はじめてレギュラーとなり全日本学生剣道優勝大会に出させてもらえるまでになりました。しかし、私が負けてしまい団体戦は3位。周りはとても喜んでいましたが、私自身は自分のせいで負けてしまったと、虚しさや後悔の残る試合でした。
 
その後部活を引退し、周囲は就職活動をする中で、私は将来どうしようかと考えました。
当時はお寺を継ぐのが正直にいうと嫌でした。これまで私は、親に敷かれたレールに乗って剣道をしてきましたし、大学在学中に得度を受けましたが、これも私自身の意志ではありませんでした。僧侶になることが嫌というよりも、これ以上敷かれたレールに乗りたくないという思いが大きかったんですね。
 
結局これといった目標が見つからず、卒業後聴講生として1年間大学に残りました。そんな時、たまたま読んだ本に「男なら一度は旅に出るべきだ」という一文があり、これだ!と思いました。そこからニューヨークへの一人旅を皮切りに、親戚が勧めてくれたスロバキアにも行きました。スロバキアから今度はヨーロッパを鉄道で横断し、国ごとに変わる風景や文化を肌で感じました。そうして様々な国を訪れる中でカンボジアと出合いました。
 
 

カンボジアでの出会い

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.06.06