他力通信 2022年7月号


前の記事
2022年7月26日
記事作成:他力本願ネット

次の記事

 

こんにちは!他力本願ネット(https://tarikihongwan.net/)運営スタッフです。
 
7月です。梅雨も開け、地域によっては気温が35℃を超すような日もちらほら。うだるような暑さですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
さて、今月も他力通信をお届けします。今回は、6月に投稿した記事をピックアップします!
 

今月のピックアップ記事

 

安武義修さんインタビュー

僧侶の生き方
 

 
福岡県福岡市に吉塚市場という商店街があります。かつては賑わった吉塚市場ですが、高齢化が進み後継者がいなくなり、30店舗まで減少しました。そんな吉塚市場の復活に携わった僧侶がいます。今回インタビューさせていただいたのは安武義修(やすたけ・よしのぶ)さん。
前編では、安武さんの生い立ち。そして後編では「リトルアジアマーケット」として商店街が再生した裏側と、その中でお寺の住職としてどのように関わることができたのかお話しいただきました。
 

 

大竹将人さん(株式会社MMC代表取締役社長)インタビュー

仏事の疑問
 

 
自動搬送式納骨堂のニーズが一服し、価格競争が進む中、シェアが急伸する樹木葬。なぜこれほど支持を得ているのでしょうか?現代の消費者心理、そしていつの時代も変わらないお墓や宗教への思い。樹木葬をリードする株式会社MMC(エムエムシー) 代表取締役社長 大竹将人(おおたけ・まさと)さんにお話をうかがいました。
 

 

「チームいちばん星」久保田 夕子さんインタビュー

僧侶の生き方
 

 
映像や照明、そして音響を駆使しながら、丁寧な語り口でストーリーを披露する、朗読劇。
そんな朗読劇を通して、仏教を伝える活動をされている方がいらっしゃるのをご存知ですか?
このたび、朗読劇「チームいちばん星」代表、北海道真光寺の久保田夕子(くぼた・ゆうこ)さんにインタビューしました。朗読劇とは?「チームいちばん星」とは?その活動内容は?
朗読劇に関するあれこれをお尋ねしました。
 

 

北海道玄誓寺 上本周作さんインタビュー

僧侶の生き方
 

 
北海道玄誓寺の衆徒 上本周作(うえもと・しゅうさく)さん。
上本さんは、ClubhouseやTikTokなど、多様なSNSをご活用されています。前編では、Clubhouseの活用法について。後編では、TikTokでの伝道についてお伺いしました。
 

 
以上、他力通信 2022年7月号でした!
ご一読いただき、ありがとうございました。
暑い日々が続きます。熱中症にはどうぞお気をつけください。
 
次回の他力通信もお楽しみに!
 

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2022.07.26