商社マンから僧侶へ大転身!その「生き方」に迫る|僧職図鑑20ー木村 共宏①

これまで、「僧職図鑑」では浄土真宗本願寺派で活躍するユニークな僧侶を、インタビューを通して紹介してまいりました。彼らの経歴は実に様々。医療や音楽、ITといった幅広い領域でご活躍されています。

これまで、「僧職図鑑」では浄土真宗本願寺派で活躍するユニークな僧侶を、インタビューを通して紹介してまいりました。彼らの経歴は実に様々。医療や音楽、ITといった幅広い領域でご活躍されています。
 
今回インタビューを受けていただいたのは、木村共宏(きむら ともひろ)さん。大手総合商社の三井物産に18年勤められたのち、得度を受け僧侶となられました。現在はそのご経験を活かし、浄土真宗本願寺派の企画諮問会議委員や「未来の住職塾NEXT」の講師としてもご活躍されています。
世界を相手に日用品から航空機まで、ありとあらゆる財やサービスを取り扱う総合商社。その仕事を通じて培った考え方は、僧侶のあり方にどう影響しているのでしょうか?
 
今シリーズは全3回にわたってお届けします。初回は、木村さんの経歴と僧侶になられたきっかけについてお尋ねしました。

 
ドイツへの留学、そして大手総合商社へ
 
ーー商社マンから僧侶というのは、非常にユニークなご経歴ですね。商社に入られるまではどのように過ごされていたのでしょうか?

 
木村共宏さん(以下、木村):父はサラリーマンで転勤族だったので、僕自身は神奈川県で生まれた後、幼稚園時代を函館で、小学校からは岡山で過ごしました。大学まではあまり疑問も持たず進学し、後の選択肢も多いだろうということで東大の理科I類に入学しました。
 
大学では自由気ままな生活を送ってましたが、2、3年もすると「卒業」の文字がちらついてきます。大学までは学校教育というレールの上を走ればよかったのですが、卒業後の選択肢はさまざまです。1本のレールの上をただ走ってきた自分は、その先どのレールに向かうかを考える必要に迫られました。
そこで、卒業後の人生をしっかり考えたいなと思い、大学を休学してドイツにいきました。1年間のモラトリアムを得て、ドイツ語を学びながら今後の人生についてじっくり考えることができました。
 
東大の理系学部では、およそ学生の7割以上は大学院に進むのですが、色々と考えた結果、社会に出て経験を積む方を選び、帰国して三井物産に入社しました。
 
ドイツ留学時代の一枚(1996年、ハイデルベルクにて撮影) ※写真はすべて木村さん提供
 
ーー帰国後、三井物産に入られてからはどのようなご経験をされましたか?
 
木村:入社した当時はITビジネスの担当をしていました。当時はITバブルに入った頃で、目まぐるしく世界が変化しており、もちろん仕事は大変でしたが楽しかったですね。同期の仲間にも恵まれて、仕事もプライベートも充実していました。数年があっという間に経ちましたね。
 
「中途半端な人間」そんなモヤモヤから訪れた気づきと転機
 
ーーその後、転機が訪れたのですね。
 
木村:そうですね。商社での業務は多様な経験が積めるので飽きることはありませんでしたが、ロンドン勤務を経て入社5〜6年目頃になると「働く」ということについて考えるようになりました。
商社の給料に不満はありませんでしたが、もっと多くを求めるのであれば外資系の金融企業に転職する選択肢も考えられました。ただ、多いに越したことはないにせよ、そこまでお金を第一に考えたいわけでもなく、お金に執着するのは違うかなと思っていました。
では逆に、もっと世のため人のために尽くすのはどうか?と考えてみたんですが、例えばマザーテレサのように人生のすべてを社会奉仕に捧げられるかというとそれも難しいなと。結局、金の亡者にはなりたくないけどマザーテレサにもなれない。どちらも突き詰められない、自分はなんて中途半端な人間なんだろうと思ってモヤモヤしていました。
 
ロンドン勤務時代(2001年、ロンドンブリッジにて撮影)
 
ーーでも、その中途半端に対して気づきがあったと?
 
木村:中途半端であるとしても、それは事実だから仕方ないんですね。自分は聖人君子ではないから、ほどほどにお金も欲しいけど、少しは世間の役にも立って人に喜ばれたい。それが自分なわけです。それを否定しても始まらない。この事実を受けとめた上で前に進まないといけない。
 
そう思っていたところ、渋沢栄一の『論語と算盤』に出会いました。世間に役立つ仕事をして、適正に得られた利潤については堂々と受け取れば良い、ということが書いてありました。道徳経済合一説、つまり、道徳と経済のバランスをとって成り立たせていく中道の考えです。自分が求めるのはこれだ、と思いました。中途半端ではなくて、中道なんだと気づかせてもらいました。
 
お金を求めることを捨てる必要はなくなりましたが、とはいってもお金に対する執着は必要以上に持つべきではないと思っています。人間の致死率は100%で、我々はいずれ死ぬ運命にあります。その時にお金を持っていくことは出来ません。死の床に札束を積んでいても虚しいだけです。それよりも、自分の葬儀に来てくれた友人が「お前と会えて良かったよ」とか「もうちょっと居てほしかったよ」と思ってくれる方が幸せで、大切なことではないかと。
結局、死に際に何を持って旅立てるかだと思います。お金は持っていけません。僕は良き思い出と、人の想いを持っていければ幸せだなと思います。
 
そういうゴールを思い描くと、日々の人付き合いも変わってきます。この世でご縁あった方々とは、できれば長いお付き合いをしたいなと思います。僕の所属していた会社ではだいたい3年ごとに異動があったので、お客さんと良い関係が築けても、異動の度に途絶えてしまうのが通常でした。大好きな会社ではありましたが、70歳まで働くことを考えると、ご縁のあった方と長いお付き合いを続けられる働き方をしたいなと思うようになりました。18年間、自分なりに全力投球した上で、2015年の3月に新卒で入社した三井物産を退職しました。
 
スペイン・マドリードで現地スタッフと(2001年撮影)
 
突然用意された僧侶への扉
 
ーーその後、僧侶になられたということですが、その直接的なきっかけはどのようなものだったのでしょうか?
 
木村:退職した時は僧侶になるとは夢にも思っていませんでした。もともと福井県鯖江市の「地域活性化プランコンテスト」という地域おこしプロジェクトを2009年からお手伝いしていたのですが、退職後も地域活性活動に取り組んでいたところ、鯖江市から「地域おこし協力隊をしませんか」とお声がかかり、2016年に就任しました。
協力隊になったことがきっかけで鯖江のとある方にお会いしたのですが、初対面にも拘らず、その方に突然「木村さん、あなた得度した方がいいよ」と言われました。自分なりに道徳経済合一説を考え、東洋哲学や仏法についても重要性を感じていたこともあり、「そうですね」と肯定的に返したところ、すぐにお寺に電話をされてしまいました(笑)
自分は寺族ではありませんが、さすがに家の宗派と違ったらなぁ、と思ったのですが、そのお寺の宗派は実家と同じ浄土真宗本願寺派でした。
これはご縁なんだなぁ、行けということなんだなぁ、と思い、住職のもとで1年ちょっと準備させて頂き、得度を受けました。
 
鯖江市地域おこし協力隊の報告会(2019年撮影)
 
ーー断ろうという考えは全くなかったのでしょうか?
 
木村:実はかなり以前から、頂いたご縁については可能な限り断らないようにしてきました。良いご縁であれば誰でも飛びつきますよね。でも、ご縁って最初の段階では良いか悪いかわからないものだと思うんです。最初は特に良いご縁だと思わなくても、受け止めてみると、後になってありがたいご縁だったなと思うことは多々あります。
 
人生において何が必要かは、分かっているようで本当は分かりません。不要だと思っても、それはその時の自分の判断に過ぎず、10年後の自分が振り返れば、あれは必要だったなぁと思うかもしれません。そう考えると目の前に用意されたものは、実は何らかの計らいで自分に与えられた貴重な機会であり、次の世界への扉なのかも、と思えてきます。
その扉を開けて一生懸命取り組むと、また次の扉が用意されます。扉の先はどうであれ、目の前に用意された扉は全部一度開けるようにしていました。どんなことでも一旦受け止めてみると、面白い人生が広がるように思います。
 
僧衣姿の木村さん(2019年、鯖江市にて撮影)
 
ーー僧侶になって何か変わったことはありましたか?
 
木村:周囲からもよく心境が変わったかどうかを聞かれますが、正直のところあまり変わっていないと思っています。
前述の通り、商社時代に東洋哲学や仏法に関心を持ち、ビジネスにおいても西洋の知恵と東洋の知恵を融合することを考えていました。その部分は今も変わりませんが、もっと前を振り返ると、僕が10歳の時に大好きだった祖父が亡くなった時の経験も大きく影響していると思います。祖父は心臓発作で突然亡くなりましたので、対面した時はもう冷たくなっていました。初孫として可愛がってもらった僕には大変なショックでした。
 
祖父を送り出した後、「死」について考えるようになりました。肉体が滅び、灰へと姿を変えた時、人はどうなるのか。自分もいずれそうなることは明らかだけど、そのとき自分は永遠の闇に包まれてしまうのか。今こうして思考している自我も認識できない状態で、この世では永遠の時が過ぎていくことになるのか、と考えると怖くて仕方がありませんでした。
 
死後というものがあるなら心は救われるだろうけど、そのような確信は得られないまま、1年間は毎晩「死」について考えていました。小学生ながらに考えに考えたものの、結局死んだ後のことについてははっきりしたことは言えない、これ以上考えても答えは出ない、と結論付けざるを得ませんでした。
その時、死んだ後のことはわからないけど、いずれこの命が終わるということは明らかであり、自分にできることは、いまあるこの命を有効に使うことだと気付きました。もしかすると、このことが仏教とのご縁につながったきっかけなのかもしれません。
 
<編集後記>
意外にも、僧侶になってからの心境の変化は何もないと語った木村さん。しかしそれは、木村さんのお考えが僧侶の生き方に合っていたからかもしれません。実際、木村さんはこれまでも「働き方」や「生き方」に対して何度も真摯に向き合っておられました。その中で生まれた、人とのつながりを大切にする、つまり「ご縁」を大切にするという姿勢はまさしく仏教的ではないでしょうか。
とてもとても興味深い木村さんのエピソード。次回は、商社マン時代のお話を通して、そのお考えについて詳しくお聞かせいただきます。(第2回へ続く)

 
<インタビューの続きを読む>
「長いおつきあい」その裏で求められる鍛錬とは|僧職図鑑20ー木村 共宏②
 

木村共宏(きむら ともひろ)さん
1972年、神奈川県生まれ。
大学卒業後、三井物産株式会社にて18年勤務。海外ビジネスに従事する傍ら、2009年9月より鯖江市地域活性化プランコンテストのアドバイザーを務める。
2015年3月に退職し、企業顧問・コンサルタントを務める傍ら、2016年4月より3年間、鯖江市地域おこし協力隊に就任。2017年10月に得度し、僧侶となる。
2018年4月より浄土真宗本願寺派の企画諮問会議委員、2019年4月よりNPO法人インド太平洋問題研究所副理事長、同年9月より未来の住職塾NEXT 講師。

掲載日: 2020.10.16