会釈[えしゃく]

会釈[えしゃく]…ルーツはお釈迦さまの説法

 

普通、ちょっと頭をさげて

軽くおじぎをすることを「会釈をする」といいます。

しかし、本当は、もっと深い意味があるのです。

 

お釈迦さまの説法(せっぽう)は、

対機(たいき)説法

[相手の素質に適した法を説く]とか、

応病与薬(おうびょうよやく)

[相手の病に応じて薬を与える]とかといわれるように、

たいへん広いものなので、

その中には、一見矛盾(むじゅん)しているように

思われる教えがあります。

 

そのときそれらの相違点を掘りさげ、

その根本にある、実は矛盾しない

真実の意味を明らかにすることを、

「会通(えつう)」とか「会釈(えしゃく)」というのです。

 

そこから、あれこれ思い合わせて、

納得できるような解釈を加えることや、

いろいろな方面に気を配ること、

儀礼にかなった対応をすることなどの意味を経て、

今のような使い方になったと考えられています。

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————

 

掲載日: 2013.02.08